注文住宅

土岐の住宅

面積:

118㎡

エリア:

岐阜県土岐市

実施時期:

2015

内容:

土岐市駅前からつづく旧街道のおもかげが残る県道に面した住宅。
回転しながら上がるスキップフロアの構成となっているが、これは周辺状況に応答しつつ、内部の行為にふさわしい身体状態を誘うものとして導き出された。
北側には親族が所有するアパートがあるため、影を落とさないように南側に寄せて建てられ、ヴォリュームも南側が高く北側が低い。大開口がある南側リビングはプライバシーを確保するためにGLから2mほど上がっている。東側もアパート駐車場の出入りがあるためダイニングキッチンのレベルを1.2m上げている。
立位のキッチンや椅子座のダイニングと床座やソファ座のリビングとは目線の高さが合う。掘りごたつ式のスタディコーナーからはリビングに座る人の頭を越えて、南の大開口がのぞめる。
開口部も環境に応じて、日射を得る大開口、プライバシーを確保するハイサイド、田園風景が広がるコーナーレス窓などが選択されている。
そういった環境に応答しただけのバラバラな状態を中央の階段によって求心性を持たせている。

構造規模:木造、2階建て
施工:井上工務店
竣工:2015年
写真:中村絵
掲載:designboom
  :大人の名古屋 vol.32
  :architecturephoto
  :モダンリビング
  :A-Collection020

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

諸江一紀

建築家 / @愛知県

建築の最も特異な点はその「遅さ」にあると思います。人間の住まう本質と感情はそう簡単に変わりません。しかし日々の生活は小さな発見の連続です。 住むことで自然や家族のあり方などに何か新しい発見ができるような住宅、懐かしいけれど新鮮な家、時が経つにつれ味わいがにじみでるような住宅をめざしています。

諸江一紀

建築家 / @愛知県

この専門家のプロジェクト一覧