昔ながらのキチキチした住宅密集地 こんな素敵な家が建つんですねぇ。。

注文住宅

蔵前の小さな家

蔵前の小さな家 (外壁の押し出し成形セメント板の試作品 オリジナルの外壁)

外壁の押し出し成形セメント板の試作品 オリジナルの外壁

建物規模や地域的条件から耐火建築物とする事が求められた。内部空間を最大限に確保するため、壁厚が最小となる押出成形セメント板を採用している。 工業製品であるけれども、手仕事のような風合いが作れないだろうか?試行錯誤の末、型抜きしたそのままの朴訥とした表情を持つ、いわば"押出っ放し仕上げパネル"の製作に辿り着いた。 試作を経て完成したパネルは、以前からここに在るかのように古い街に馴染んでいる。

蔵前の小さな家 (工場にて外壁試作品の検査)

工場にて外壁試作品の検査

設計事務所、工務店、工事業者、メーカーで外壁の試作品を検査・確認する。

蔵前の小さな家 (街並みに馴染む質感のある外壁と出窓)

街並みに馴染む質感のある外壁と出窓

蔵前の小さな家 (外観正面 スチールの出窓が印象的な表情をつくる)

外観正面 スチールの出窓が印象的な表情をつくる

蔵前の小さな家 (外観正面夕景 室内の風景が出窓に切り取られて外部に表れる)

外観正面夕景 室内の風景が出窓に切り取られて外部に表れる

蔵前の小さな家 (隣地境界側外観 マンション、アパートに挟まれた狭小敷地)

隣地境界側外観 マンション、アパートに挟まれた狭小敷地

蔵前の小さな家 (室内の様子を強調するフレーミングされた玄関ポーチ)

室内の様子を強調するフレーミングされた玄関ポーチ

蔵前の小さな家 (コミュニティの受け皿となる玄関土間)

コミュニティの受け皿となる玄関土間

近隣の人々がが土足のまま立ち寄れるコミュニティの受け皿となる空間 階高を抑えているため、2階のキッチンダイニングとの距離感が近く感じられる

蔵前の小さな家 (玄関土間 地域コミュニティの場)

玄関土間 地域コミュニティの場

蔵前の小さな家 (ダイニングより階段を介してキッチンを見る)

ダイニングより階段を介してキッチンを見る

独立型のキッチンでありながらも、ストリップの鉄骨階段、ガラスの間仕切と視界を遮るものを極力無くす事で、視界の抜けがある広がりのあるダイニングキッチンとしている。

蔵前の小さな家 (工事写真:鉄骨建て方)

工事写真:鉄骨建て方

内部の気積を出来るだけ大きく確保しようとすれば、柱梁・壁や床は細く薄くなる。耐震ブレースを階段周りに集約して、東西側にある居室は鉛直荷重を受ける柱梁のみとしているため、外壁は総厚150mm程度とスリムに納めている。

蔵前の小さな家 (キッチンよりダイニングを見る。1階土間と3階の寝室が見渡せる)

キッチンよりダイニングを見る。1階土間と3階の寝室が見渡せる

蔵前の小さな家 (工事写真:蓄熱床暖房の施工)

工事写真:蓄熱床暖房の施工

架橋ポリエチレン管を床に敷きつめコンクリートを打設する事で、蓄熱式床暖房が完成する。エアコンとは違ったやわらかな温かみが部屋に広がる。

蔵前の小さな家 (ダイニング 窓辺に隣地の柳が揺れている様子が見える)

ダイニング 窓辺に隣地の柳が揺れている様子が見える

蔵前の小さな家 (廊下より寝室を見る。階段の隙間から2階ダイニングや屋上方向に視界が抜ける。)

廊下より寝室を見る。階段の隙間から2階ダイニングや屋上方向に視界が抜ける。

蔵前の小さな家 (子供室 階段越しにハイサイドライトより光が差し込む)

子供室 階段越しにハイサイドライトより光が差し込む

蔵前の小さな家 (寝室 出窓から隣地の柳が見える)

寝室 出窓から隣地の柳が見える

蔵前の小さな家 (ロフトの書斎スペース)

ロフトの書斎スペース

窓枠を延長し、小さなデスクとしている。 屋根裏の書斎スペース。

蔵前の小さな家 (住宅密集地にあるながらも開放的なルーフテラス)

住宅密集地にあるながらも開放的なルーフテラス

蔵前の小さな家 (ルーフテラスより室内方向を見る)

ルーフテラスより室内方向を見る

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

用途

自宅

所在地

東京都台東区

延床面積

70㎡

10坪ほどの敷地に建つ小さな住宅です。
接道側の間口は3.3m、奥行は東西方向に9mの細長い敷地形状で、道路側以外の三方向は建物に塞がれています。屋上に設置した高窓からの採光しつつ、明るい階段を上下に行き来しながら、効率良く軽快に暮らせるよう計画しています。

主要仕上
外壁:押出成形セメント板特注品
出窓:鋼製製作窓 溶融亜鉛めっき塗装
床:モルタル金ゴテ仕上、無垢フローリング、セランガンバツ
壁:ビニルクロス張
天井:コンクリート打ち放しラーチ合板型枠
設備:蓄熱床暖房、循環ダクト

施工:株式会社栄建
撮影:傍島利浩

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

川久保智康建築設計事務所

川久保智康建築設計事務所

洗練された空間と快適な環境を両立する家を提案します!

所在地

東京都千代田区飯田橋2-4-10加島ビル3F

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

川久保智康建築設計事務所さんのそのほかの住宅事例

801号室

マンションリノベーション・リフォーム

500万円

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る