二世帯住宅

リビングのデザイン・いろいろなあり方

内容:

石川淳の設計した住宅のリビングダイニング集です。

白を基調にシンプルでありながら、使いやすいプランと風の流れを意識した天窓、地窓などを取り入れています。

1000万円代の小住宅の2階リビング。
小さな中庭に面している。

寝室やキッチン、浴室が木箱に内包されている

ストライプの硝子窓はデザイン性だけでなく、眺望と採光を少ない硝子量で豊かに取り入れられる利点があります。

地窓からの借景と天窓からの光を落とす吹抜により開放的なリビングを実現

黒のルーバーの中は2階の書斎コーナー。
階段の向こうはキッチン

白い床のリビング
黒の枠取りの中は愛犬の部屋で開閉する事ができる。
部屋の突き当たりにはダイニング

カーペット敷き込みの座ですごすリビング

スキップフロアとすることで幅3mの中でも長さ方向の広がりを獲得

リビングから半層上がった位置に屋根のかかったテラスを設けた。
テラスの先には「はなれ」の和室がある。

杉板のフローリング部分は半層下がったスキップフロアとなっている

杉板フローリングのリビングはテラスへとつながります。
キッチンとダイニングは半層上がった上段

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

石川淳

建築家 / @東京都

白を基調にイエ型のシンプルで飽きのこないデザインとハコ型のハコノオウチを作っています。 性能や環境といったキーワードが溢れていますが、それらを満たすのは住宅としては当然のことです。 そんなことよりも、好きなデザインの洋服を着ると素敵な気分になるように、素敵なデザインの家で暮らす生活はとても豊かな気持ちになるものです。 そのような住宅を作りたいと考えています。

石川淳

建築家 / @東京都

この専門家のプロジェクト一覧