注文住宅

愛犬と暮らす家 地下室のあるOUCHI-13

愛犬と暮らす家 地下室のあるOUCHI-13 (インナーガレージのある外観)

インナーガレージのある外観

インナーガレージのある家です。玄関ドアとガレージの開口を一体表現して統一感をだしています。

愛犬と暮らす家 地下室のあるOUCHI-13 (アプローチ・スライド式玄関ドア)

アプローチ・スライド式玄関ドア

スチール製のドアを製作し杉板を貼って仕上げました

愛犬と暮らす家 地下室のあるOUCHI-13 (愛犬の足洗い場)

愛犬の足洗い場

玄関脇のガレージシャッター内側にワンちゃんのための足洗い場があります。

愛犬と暮らす家 地下室のあるOUCHI-13 (スキップした玄関)

スキップした玄関

愛犬と暮らす家 地下室のあるOUCHI-13 (木製ルーバー壁のある廊下)

木製ルーバー壁のある廊下

愛犬と暮らす家 地下室のあるOUCHI-13 (2階リビングへの階段)

2階リビングへの階段

愛犬と暮らす家 地下室のあるOUCHI-13 (天窓の光を下ろす階段)

天窓の光を下ろす階段

愛犬と暮らす家 地下室のあるOUCHI-13 (勾配天井のリビング)

勾配天井のリビング

木製ルーバーの壁が特徴 正面縦長スリットの中は書斎コーナーがある

愛犬と暮らす家 地下室のあるOUCHI-13 (木ルーバーのあるリビング夜景)

木ルーバーのあるリビング夜景

愛犬と暮らす家 地下室のあるOUCHI-13 (テラスと続く2階リビング)

テラスと続く2階リビング

正面の開口奥がキッチン

愛犬と暮らす家 地下室のあるOUCHI-13 (白で統一したキッチン)

白で統一したキッチン

愛犬と暮らす家 地下室のあるOUCHI-13 (縦スリット窓のあるリビング)

縦スリット窓のあるリビング

外観の縦スリット窓の内側です。 壁の向こうは書斎コーナーとなっています。

愛犬と暮らす家 地下室のあるOUCHI-13 (リビング脇の書斎)

リビング脇の書斎

愛犬と暮らす家 地下室のあるOUCHI-13 (光ルーバーのある地下の寝室)

光ルーバーのある地下の寝室

階段を通して天窓の光が優しく届きます。

愛犬と暮らす家 地下室のあるOUCHI-13 (犬のためのドア)

犬のためのドア

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
9

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理

用途

自宅

居住者

夫婦・カップル

所在地

東京都世田谷区

費用

設計・施工:4000万円

敷地面積

87㎡

延床面積

149㎡

階数

2階建て

間取り

3LDK

期間

設計:5ヶ月 、施工:6ヶ月

完成時期

2009年09月

高さ制限と低い建坪率をまもりながら、地下容積率緩和を使い最大限の床面積を確保しました。
インナーガレージのご希望があり、シャッターと玄関ドアとの調和を目指し、ディテールを工夫した一体感のある開口デザインとしています。
愛犬のための数々の工夫をそなえ、また地下室へ自然光を獲得するため、1階玄関にスキップフロアを採用して下階に高窓を持たせることに成功しました。

掲載メディア
コンフォルト2010年増刊号犬空間ラボ  リクルートEDGE2011年01月

家づくりのきっかけ・施主の要望

建ペイ率の低い住宅専用の地域のため地下空間を作って容積率を緩和して広く使いたい。また、インナーガレージの外観にしたい。ハウスメーカーやデザイン建て売りにはないデザイン性のある家にしてほしい。

この事例の見どころや工夫したところ

地下空間に寝室を作って容積率緩和を受けつつ、地下の天井付近に高窓を作り閉鎖感をなくした。建ペイ率が低いため、外観はインナーガレージとしてデザインし、ガレージ上部はデッキバルコニーとすることで建築面積を抑えて施主の希望を実現した。

いい家!
9

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

石川淳

石川淳

ミニマルでシンプルなデザインの住宅を作っています。

所在地

東京都中野区江原町2-31-13第一喜光マンション106

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

石川淳さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

石川淳

建築家 / @東京都