カフェのようなクリニック (クリニック待合|茨城県土浦市)

クリニック待合|茨城県土浦市

建物概要 構造:木造 1階建て(耐火木造) 用途:内科 神経内科 診療所 延床面積:173.83m2(52.58坪) お客様の想い クリニックの待合室が狭く、患者さんで混んでいることで、圧迫感のある場所にならないかを、心配されていました。計画を進めていく中で、広さ・狭さの問題では無く、居心地が良く、ストレスにならない待合室にしたいという隠れた想いがある事が解って来ました。高齢者の利用も多く社会的な要請もある為、バリアフリーにして欲しい。街の方に、クリニックの存在を知って貰いたいという想いも教えて戴きました。 ​ 要望のポイント ・圧迫感の無い、心地よい待合室 ・バリアフリー ・認知されやすく、クリニックだと解る外観 提案・設計内容 患者さんが、リラックスして待ち時間を過ごせる様、待合室を吹抜けとし開放感を感じる空間としました。外側壁の、下半分を大きな窓とし、対面の診察室側の壁は、天井近くに横スリットの高い位置の窓であるハイサイドライトを設けることで、光をふんだんに取り入れながら、自然光が天井を照らし、吹抜空間にやわらかな光を注ぎます。 待合室のダークトーンなフローリング調の床材と、若草色のアクセント壁が、落着きを与え、時間を心地よく感じられる空間となっています。 吹抜け部分を、外部からみると上部に突き出た形になり、道路側から目を引く外観となります。白とした外壁の清潔感と共に、クリニックらしさを感じる姿になります。 バリアフリーとしての、フラット床・手すり・幅の広い扉やトイレ・廊下など、高齢者施設を数多く設計してきたノウハウを組み込んでいます。また、患者さんとお医者さん・看護師さんの移動する場所が、重ならない様に、患者動線・スタッフ動線の2すじの動線をつくり、診察等がし易い間取りとしています。 完成後の様子・お客様の声 待合室の吹抜けや色の扱いが患者さんから評判が良いですよ、面積以上にゆったり感じられますねと、お医者様にはおっしゃっていただいています。また、バリアフリーに関してはここまで良く出来ているとは思わなかったと驚かれました。

カフェのようなクリニック (外観|茨城県土浦市)

外観|茨城県土浦市

建物概要 構造:木造 1階建て(耐火木造) 用途:内科 神経内科 診療所 延床面積:173.83m2(52.58坪) お客様の想い クリニックの待合室が狭く、患者さんで混んでいることで、圧迫感のある場所にならないかを、心配されていました。計画を進めていく中で、広さ・狭さの問題では無く、居心地が良く、ストレスにならない待合室にしたいという隠れた想いがある事が解って来ました。高齢者の利用も多く社会的な要請もある為、バリアフリーにして欲しい。街の方に、クリニックの存在を知って貰いたいという想いも教えて戴きました。 ​ 要望のポイント ・圧迫感の無い、心地よい待合室 ・バリアフリー ・認知されやすく、クリニックだと解る外観 提案・設計内容 患者さんが、リラックスして待ち時間を過ごせる様、待合室を吹抜けとし開放感を感じる空間としました。外側壁の、下半分を大きな窓とし、対面の診察室側の壁は、天井近くに横スリットの高い位置の窓であるハイサイドライトを設けることで、光をふんだんに取り入れながら、自然光が天井を照らし、吹抜空間にやわらかな光を注ぎます。 待合室のダークトーンなフローリング調の床材と、若草色のアクセント壁が、落着きを与え、時間を心地よく感じられる空間となっています。 吹抜け部分を、外部からみると上部に突き出た形になり、道路側から目を引く外観となります。白とした外壁の清潔感と共に、クリニックらしさを感じる姿になります。 バリアフリーとしての、フラット床・手すり・幅の広い扉やトイレ・廊下など、高齢者施設を数多く設計してきたノウハウを組み込んでいます。また、患者さんとお医者さん・看護師さんの移動する場所が、重ならない様に、患者動線・スタッフ動線の2すじの動線をつくり、診察等がし易い間取りとしています。 完成後の様子・お客様の声 待合室の吹抜けや色の扱いが患者さんから評判が良いですよ、面積以上にゆったり感じられますねと、お医者様にはおっしゃっていただいています。また、バリアフリーに関してはここまで良く出来ているとは思わなかったと驚かれました。

カフェのようなクリニック (受付|茨城県土浦市)

受付|茨城県土浦市

カフェのようなクリニック (診察室|茨城県土浦市)

診察室|茨城県土浦市

カフェのようなクリニック (外観|茨城県土浦市)

外観|茨城県土浦市

カフェのようなクリニック (クリニック待合|茨城県土浦市)

クリニック待合|茨城県土浦市

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計

用途

自宅

居住者

その他

所在地

茨城県土浦市

費用

設計・施工:3000万円(施工費用)

敷地面積

500㎡

延床面積

173㎡

階数

平屋

間取り

その他

期間

設計:6ヶ月 、施工:6ヶ月

完成時期

2016年10月

​建物概要

構造:木造 1階建て(耐火木造)
用途:内科 神経内科 診療所
延床面積:173.83m2(52.58坪)


お客様の想い

クリニックの待合室が狭く、患者さんで混んでいることで、圧迫感のある場所にならないかを、心配されていました。計画を進めていく中で、広さ・狭さの問題では無く、居心地が良く、ストレスにならない待合室にしたいという隠れた想いがある事が解って来ました。高齢者の利用も多く社会的な要請もある為、バリアフリーにして欲しい。街の方に、クリニックの存在を知って貰いたいという想いも教えて戴きました。


要望のポイント

・圧迫感の無い、心地よい待合室
・バリアフリー
・認知されやすく、クリニックだと解る外観


提案・設計内容

患者さんが、リラックスして待ち時間を過ごせる様、待合室を吹抜けとし開放感を感じる空間としました。外側壁の、下半分を大きな窓とし、対面の診察室側の壁は、天井近くに横スリットの高い位置の窓であるハイサイドライトを設けることで、光をふんだんに取り入れながら、自然光が天井を照らし、吹抜空間にやわらかな光を注ぎます。

待合室のダークトーンなフローリング調の床材と、若草色のアクセント壁が、落着きを与え、時間を心地よく感じられる空間となっています。

吹抜け部分を、外部からみると上部に突き出た形になり、道路側から目を引く外観となります。白とした外壁の清潔感と共に、クリニックらしさを感じる姿になります。

バリアフリーとしての、フラット床・手すり・幅の広い扉やトイレ・廊下など、高齢者施設を数多く設計してきたノウハウを組み込んでいます。また、患者さんとお医者さん・看護師さんの移動する場所が、重ならない様に、患者動線・スタッフ動線の2すじの動線をつくり、診察等がし易い間取りとしています。


完成後の様子・お客様の声

待合室の吹抜けや色の扱いが患者さんから評判が良いですよ、面積以上にゆったり感じられますねと、お医者様にはおっしゃっていただいています。また、バリアフリーに関してはここまで良く出来ているとは思わなかったと驚かれました。

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

住む方に寄り添う設計、光と風をとりこみ、家と場所に魅力を!

所在地

東京都北区赤羽台1-5

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

(株)小木野貴光アトリエ一級建築士事務所さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る