注文住宅

交差点に建つ光庭の家

エリア:

東京都

内容:

交通量の多い交差点に面した敷地で、家族のプライバシーと安全を確保する必要のあるため、1階は玄関ポーチと光庭を緩衝帯として直接外に開かない計画とし、2階は庭代わりの広いルーフテラスを高いフェンスで囲んで大きな窓面を確保しています。1階には光庭とそれと接したリビングの吹き抜けで光を導いています。光庭と吹抜けの効果が合わさることで、明るく風通しの良い、視覚的にも抜けと広がりのある空間となりました。
家のどこにいても家族を感じられるあたたかな家です。
撮影:黒住直臣

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

長浜信幸

建築家 / @東京都

家を建てる事は、人の価値観や人生設計を形にする作業に他なりません。 設計が家族の物語を紡いでいくお手伝いとなれば幸いに思います。