別荘

OUR CABIN OUR DIY

種別:

別荘

費用:

550万円

実施エリア:

静岡県

実施時期:

2015

延床面積:

30平米

築年数:

0年

内容:

富士山と愛鷹山に囲まれた標高1000mの十里木高原にたつセカンドハウスです。
9坪と小さな住まいですが、氷点下数度となる場所で通年過ごせるような仕様としています。
全てがシンプルな木の手づくりの住まいです。

住まいづくりを楽しむ

予算を決め出来ることは自分たちで楽しく行う。
地元職人さんたちと楽しくつくる。
小さいからなんとかなると気楽に始めた計画。
まだまだやることは一杯。
計画の最初は家族総出の樹林の切り開きでした。

ローコストはアイデアで

外壁は杉の貫板の大和張り。
雨戸は防炎シート。
地面には地元で調達した軽くて安価なスコリア(噴石)で水はけ良くする。
自分たちの価値観でものを考えると、シンプルでローコストなものとなる。

シンボリツリーはモミジ

40年前は下草と数本の樹木が現在は広葉樹、針葉樹とりまぜ鬱蒼とした様相を呈している。

素敵な樹木は生かさない手はない。

そして、建物入口にあるモミジ、アプローチのアオハダ、奥の大木モミの木、サクラと残したい樹木の間に建てることになった。

その中でもモミジはアプローチを彩り、天窓から枝葉が見えとても印象的だ。

手を入れやすくシンプルに

外断熱で構造現しは、ローコストとDIYの楽しみがあります。
床は杉3層合板のビス止。建具、家具も杉3層合板か杉集成材で歩留まり良く計画しました。
床や壁のハードユースな部分はセメント板を使用しています。
大きな床下はDIY、ペレット収納、設備点検と室内の湿気防止です。

DIYを楽しむ

外断熱壁としたため構造現しである。
全て木であるためDIYが容易だ。

コーディネートを楽しむ

ベンチの上にクッションをのせソファ風にアレンジ。
絵皿は12ヶ月の花々。東西南北に春夏秋冬を配置する。

大型木製建具

大開口である。

総重量とペアガラスの最大寸法とから考える。
中桟をつけて約53KGにおさえる。
この重さなら問題は生じない。

3層合板引き戸

引戸、パネル、幕板で3層合板2枚使い切り。
とても歩留まりのよい建具だ。
真壁なので枠なしで納まる。

引戸手前のスキーラックはDIY。
玄関建具は3層合板のmサイズ使いきり。

キッチンを考える

オールステンレスのコンパクなキッチン。シンクがコーナーにあるので2人での食器洗い、収納が可能。

コンロはIH2台。食卓、屋外と移動可能なので便利。洗いカゴと置き場所を交替させながら調理、片付。

食器棚、家電台、冷蔵庫、洗濯機をキッチンの対面に同幅に納める。

浴室は木張りにしたい

木張りと言っても杉の貫材。
外壁材の良い物を選んだら無節となった。