今津康夫さんのプロフィール

Pro

建築家

今津康夫

ninkipen!一級建築士事務所 @大阪府

木の温もりと素朴な素材感を大切に、シンプルな空間設計を心がけています。

サービス概要

新築・リノベーションに関わらず、住宅の設計をしています。

対応可能業務

注文住宅 , リフォーム・リノベーション

注文住宅について

対応サービス

物件探し , 内見の立ち会い(現地見学の立ち会い) , ローン相談 , 造作家具

得意な住宅の特徴

狭小住宅 , 自然素材 , 変形地

リフォーム・リノベーションについて

対応可能業務

戸建リノベーション , マンションリノベーション

対応サービス

ローン相談 , 物件探し , 内見立会い , 家具の造作(オリジナル家具の造作) , 内装コーディネート(施工なし)

会社の強み

デザイン力 , 自然素材が得意 , 低価格リフォーム・リノベーションも積極的に対応

対応可能な最低予算帯

1000万円~

住所

〒530-0047
大阪府 大阪市北区 西天満1-7-12 トミイビル4階

サービス提供エリア

茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 長野県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 / 三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 / 鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 / 徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 / 福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県

特徴

雑誌掲載あり , 設計・建築関連の受賞経験あり , 美術館・駅・学校などの設計経験あり , 海外プロジェクトあり , 英語対応可能

資格

一級建築士

経歴

山口県生まれ
大阪大学建築工学科卒業
大阪大学建築工学科大学院修了
(株)遠藤剛生建築設計事務所にて集合住宅・公共建築の設計に従
ninkipen! 一級建築士事務所設立
摂南大学非常勤講師
大阪大学非常勤講師
近畿大学非常勤講師

受賞歴

Residential Lighting Awards 2006 入賞
JCD Design Award 2007 銀賞
42nd SDA賞 最優秀賞
42nd SDA賞 青木淳賞
建築家/クリエイター新世代100人の仕事掲載
JCD Design Award 2010 新人賞
Tokyo Midtown Award 2010 佐藤卓賞
JCD Design Award 2011 銀賞
45th SDA賞 サインデザイン奨励賞
吉野材を使った「暮らしの道具」デザインコンぺ 西森陸雄賞
脇田美術館 木のデザイン 入選
Tokyo Midtown Award 2011 柴田文江賞
JCD Design Award 2012 銀賞
京都デザイン賞入選
第18回木材活用コンクール 日本木材青壮年団体連合会会長賞

雑誌掲載・著書

多数
http://www.ninkipen.jp/press/

趣味

フットサル

マンションリフォーム・リノベーション事例

説明: 築30年のマンション1室スケルトンリフォームです。

木軸の壁と天井を全て取り払い躯体だけの状態に戻すと、+字に走るコンクリート梁が中央に現れた。
クラシックなその構造体を地形と捉え、そこに新たなインテリアを与えることで、30年前と現在とのhybridな風景を創り出そうと考えた。

木軸の壁を全て+字から離れた位置に設け、+字だけには仕上げを与えず素地とした。
自由になった+字は、30年前のまま、空間の中を伸び伸びと行き交い、諸室を横断し、家全体を包み込む。

時間の流れを断絶せず、30年の歳月を繋ぎ合わせたこの住宅は、新しい住まい手によって、さらに歳を重ねて行く。

実施予算: 1000 万円

実施時期: 2012

登録部屋数: 5

『Sgww』田園風景の中のシンプルな住まい

注文住宅事例

説明: 滋賀県郊外に建つ住宅である。
敷地の南側は田園集落景観地域に指定され、今現在みられているのどかな風景が将来的にも変わらない。
それを受けて南側へ居室を開放すると同時に、リビングを2階へ上げ、視点を高くすることで、風景の中の畑や田んぼの地表面、ため池の水面を感じることを可能にしている。
周辺環境がめまぐるしく変わる都市には実現できない、風景とのシンプルな関係性を築くことを試みている。

実施時期: 2010年7月

登録部屋数: 5

4n

注文住宅事例

説明: 生駒市にたつ4人家族のための住宅です。
当初敷地は中央で高さ1mの擁壁で2段階に分けられており、全面道路が坂道のため低い方の敷地にしか車は寄り付けませんでした。低い方に車庫、高い方に住宅を計画することが合理的な選択でしたが、高い方の日照が悪いことを要因に、違う方法を探しました。
まず1mの擁壁を取り壊し安息角の斜面とします。次にその斜面をまたぐように建物を配置し鉄骨柱とコンクリートスラブで持ち上げ、1階をピロティーとし、持ち上げられた2・3階は軽い木造とします。
これによって、ピロティーは大きな玄関ホールかつ外部へのバッファーとなり、2・3階は眺望と日照を獲得しました。
内部空間は、屋 ...

実施予算: 2500 万円

実施時期: 2013

登録部屋数: 5

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。