注文住宅

I HOUSE (木造平屋)

延床面積:

118平米

内容:

この住宅は四日市市の中心部のはずれにあり、比較的交通量の多い道路に面しています。夫婦と子供一人の3人家族で,夫婦共働きのため、昼間は留守になりがちです。
 そこで、外部は安全のために閉じられていますが、内部は明るく、風通しの良いこと、顔を合わせることの少ない家族なので、家に居る時は互いの存在が確認できることが主題となりました。
 敷地の形状にしたがって外壁を閉じ、一部、通風のために100角の柱で格子を作ります。内部は3Mグリッドを配し、寝室、子供部屋、LDK、和室などを振り分け、その中に3つの中庭を設けます。3つの中庭は外部からの侵入を防ぐとともに、採光、通風を確保する装置であり、プライベートとパブリックなゾーンを曖昧に仕切り、家族の気配を絶えず感じさせます。中庭に面した各スペースは、引き違い戸で仕切り、開閉することにより、外・内・外・内・外・内という関係を作り出し、内外空間を一体化し、各スペースに拡がりを持たせました。