注文住宅

里山の民家-古材再生

エリア:

神奈川県

実施時期:

2007

内容:

欅普請の生家の柱、梁、床板などを再生利用した住宅です。
蔵、池のある庭、思い出のある樹木との調和を意識しています。
瓦屋根は家並みをつくり、庭や樹木は新たになった建物に奥行きの深さを与えます。
新しくなった建物も存在感たっぷりに今までそこにあったように、そんなイメージをもちながら設計しました。
景観と光・風など環境、古材と新たな素材、住み手とつくり手の調和と融合がテーマです。

再生利用した大黒柱、框、梁のある玄関ホールです。
思いのある大黒柱を中心とした印象に残る空間をつくりました。
撮影:齋藤貞幸

屋根:三州瓦 外壁:そとん壁 開口部:米ヒバ製作

土間:土・セメント+根府川石 壁:椹羽目板+珪藻土 天井:椹羽目板 ストーブ:イントレピット2

床柱:再生利用鼠子 柱、床框:再生利用欅 書院窓:再生利用 畳:稲わら床備後表 壁:本聚楽土塗 天井:秋田杉 漆和紙襖 五箇山手漉き和紙障子

床:5寸巾チークフロア 壁:珪藻土 照明ペンダント、ブラケット:製作

大黒柱:再生利用欅 式台:欅 土間:土セメント+根府川石 壁:椹羽目板+珪藻土 製作照明

開口部は木製ガラス戸、網戸、障子戸、簀戸で全て引込です。

リビングダイニングはガラス戸、簀戸、障子戸の引込戸となっています。
全部開放すると木製デッキと庭との一体空間となります。
また、簀戸や障子戸と状況にあわせた雰囲気づくりが出来ます。

床:麦飯石 壁・天井:青森ヒバ 浴槽:青森ヒバ 

新井敏洋

「住まいを楽しんでもらおう」という気持ちが第一です。 住まいをつくることを楽しみ、住まうことを楽しんでもらいたと考えいます。 夢一杯のお気持ちをお話しいただければ、その想いの具現化に向けてご一緒に考えていきます。 多くの住宅設計の経験がお役にたつものと考えております。 住まい創りは設計の考え方、建築知識、コミュニケーション、コスト管理が重要と考えております。 安心して住まい創りを楽しんでいただけるようにいたします 住まい造りは住まい手、造り手が共につくりあげるチームワークを大切にします。 住まい手、造り手が私共以上に住まいのことについて理解し愛着を持っていただければ素晴らしいと思います。 住まいは長く住まい手とともにあります。 そこでの生活が最良となることを願っております

この専門家のプロジェクト一覧