戸建リフォーム・リノベーション

光が吹き抜ける白い家

費用:

2380万円

実施エリア:

東京都港区

延床面積:

2380平米

築年数:

30年

内容:

ご実家のビルに家族3人で暮らすSさん。お子さまが大きくなり、狭さを感じるようになったため、同じビルの4・5階に住み替えることにしました。
ご希望はまっ白な空間。床・壁・天井さらに階段まで潔いほど白でまとめ、無垢なうつくしさを感じさせる住まいに仕上げています。また明るく広々とした空間でくつろげるよう、視線やトップライトの自然光を遮っていた階段の位置を変更。視線と光を通し、ダイニングに軽やかに佇むスケルトン階段に生まれ変わりました。吹き抜けに面した上階や、天井まで視線が抜ける開放的な住まい。階段を上がると、そこには回廊のような廊下が。ガラスを効果的に配して視線がタテヨコに通し、視覚的な開放感をもたらしたこともポイントです。


【より詳しくはこちらをご覧ください】
http://www.craftdesign.co.jp/menu/live/works/391/

ダイニング・キッチン

既存のお住まいにある吹き抜けとトップライトが階段によって活かされていない状態でした。階段をスケルトンにして位置を変え、壁をFIXガラスに替えることで、タテにもヨコにも気持ちよく視線が抜けるように。吹き抜けと長手方向を意識した大胆な空間構成により、圧倒的な開放感が生まれています。

リビング

ダイニングの隣の洋室をリビングに変更。ダイニングに比べて低い天井が、かえって籠ったような安心感をももたらします。ご希望だった白く塗装したアッシュの無垢フローリングは、LDKとつながるように長手方向に張り、伸びやかに。リビング・ダイニング間の壁の一部や引き戸に半透明のFIXガラスを入れて、視線を遮りつつ光を共有します。

キッチン

スペースを拡大してオープンの対面キッチンに。フルフラットのため、ダイニングとの一体感を強調します。その分、ダイニングからはキッチンの様子が見えてしまうため、壁面収納を引き戸で覆い、すっきりとした状態を保ちてるように配慮。鏡面の扉に景色や階段のシルエットが映り込み、キッチンに奥行きをつくりだしています。

廊下

階段のレイアウトを変えるため、廊下を増床。ぐるりと回り込んで自室にたどり着く回廊のような廊下が、伸びやかな印象を与えています。壁の下地を補強しているためお好きな絵を飾ることも可能。腰壁はスチールのフラットバーに変更しました。上下階の見通しを高め、それぞれのフロアにつながりをつくります

玄関ホール

玄関の正面は、間仕切り壁の一部をFIXガラスに。玄関からリビング側の窓の景色まで見通せるようになりました。腰壁で下部を塞ぐことにより、自ずと視線が吹き抜けに集中。LDKの伸びやかさを体感できる、明るい玄関に仕上がっています。

階段

スチール(鉄骨)を白く塗装したスケルトン階段。ダークブラウンの段板が白で統一した空間を引き締めています。リビングの階段下のスペースを「有効に使いたい」というご要望から、腰壁の高さでカウンター収納を設けました。お子さまの遊び道具やお掃除ルンバを収納できるマルチスペースとなっています。

この専門家のプロジェクト一覧