マンションリフォーム・リノベーション

リゾートホテルのような贅沢空間

費用:

2640万円

実施エリア:

東京都港区

延床面積:

132平米

築年数:

11年

内容:

〈マンションリフォーム・リノベーション〉
11年前に新築で購入した分譲マンションは、“バリのリゾートホテル”のようにラグジュアリーで、開放的な空間へのリフォームをご希望でした。

独立していたキッチンの壁を撤去してオープンに変更。寝室は、隣の洋室の一部を取り込んでスペースを拡大。LDKと同じくリゾートホテルテイストで統一し、大きなベッドでゆったりと休息できるように。寝室とWIC、寝室と洋室の間の建具はルーバーの引き戸を採用。視線をやさしく遮りながら、風や光をたっぷりと通し、実面積以上の伸びやかさを生みだしています。

バリのリゾートホテルのスイートルームのように開放的でラグジュアリーな空間で、非日常的な時間を過ごせるようになりました。

【こちらの詳細もぜひご覧ください】
http://www.craftdesign.co.jp/menu/mansion/works/309/

リビング

白い壁を背景に、キッチンや収納、TVボードに使ったチークの木目がはっきりと浮かび上がり、モダンな印象。もともとお持ちだった木のぬくもりを感じる家具も、空間に自然に溶け込んでいます。床暖房とホームシアターを設け、より居心地のよいリビングに一新。

リビング・ダイニング

リビングの壁にTVボードを造作し、柱と梁の存在を抑えています。また柱には木のパネルを張り、TVボードの一部のように演出。リゾートホテルの雰囲気を演出するために、TVボードやキッチン、収納扉、建具の全てをチーク材で統一しました。

寝室

天井の梁やダクトの凹凸をフラットにするため、木の板を貼りました。壁にも木目を揃えながら木のパネルを貼って、大きなベッドヘッドのように見えるよう工夫。上下の板の間には紙を編んだような高級感のあるクロスを貼るなどして、上質な寝室に仕上げています。

寝室

寝室と洋室の間の建具は、木のルーバーの引き戸を採用。閉めた状態でも視線と風、光をおだやかに通します。ルーバー越しには洋室に飾ったオブジェがかすかに見えて、異国情緒を演出。建具を工夫することにより、寝室に開放感をもたらしました。

書斎スペース

仕事に集中できるよう、書斎は籠れるような広さ、落ち着いた色調でまとめました。ゆったりと使えるL字型カウンターや、天井まで届く大容量の本棚を設け、使い勝手を向上。廊下との間にはスリットを入れて、空間のアクセントとしています。

洗面室

天井や壁、収納の扉にチーク材を張って、上質な家具のように見せています。パネルは木目を整然と揃えて配置し、モダンさを演出。カウンターの天板は重厚感のある大理石、壁には上品なモザイクタイルを採用しました。ゆったりとしたホテルのような使い心地となっています。

この専門家のプロジェクト一覧