丘の上のコーナーレジデンス (リビングダイニング)

リビングダイニング

時にはホームパテイーが催されるリビングダイニングは、角部屋を活かして周囲の窓が空間に飛び込んで来るように計画しました。キッチンはペニンシュラキッチンのため、会話をしながら料理するのにぴったりです。また作り付けのテレビボードは5m以上もあるのですが、趣味のオーデイオなどもピッタリに納まるように工夫。光漏れの無いようにカーテンボックスを設けているので映画鑑賞などで没頭するシーンにも対応した空間です。

丘の上のコーナーレジデンス (ダイニングキッチンよりリビングを見る)

ダイニングキッチンよりリビングを見る

丘の上のコーナーレジデンス (ダイニングより窓辺を見る)

ダイニングより窓辺を見る

ダイニングより窓辺を見る。窓枠には遮光するためにカーテンボックスが仕込まれています。横長のテレビボードには趣味のオーデイオが納まります。

丘の上のコーナーレジデンス (リビング)

リビング

リビングより窓辺をみる。5mを超えるテレビボードは趣味のオーディオなどが納まります。シナ合板の引き戸の奥は、ワークスペースや、ウォークインクローゼットなどが続きます。引き戸を開け放てば、廊下と一体となった回遊性のあるプランになります。

丘の上のコーナーレジデンス (ダイニングよりキッチンを見る)

ダイニングよりキッチンを見る

ダイニングよりキッチンを見る。カウンタータイプのペニンシュラキッチン。ホームパーティなどの際は、ワイワイしながあ対面で作業ができます。リビングダイニングからは手元が隠れるようになっているため、見た目もスッキリ。

丘の上のコーナーレジデンス (インナーバルコニー)

インナーバルコニー

インナーバルコニーよりテラスを見る。 観葉植物などが置かれることで、外の木々と連続した開放的な印象になります。 植物を通して入る陽の光は、生活に潤いを与えてくれます。

丘の上のコーナーレジデンス (リビングよりワークスペースを見る)

リビングよりワークスペースを見る

リビングよりワークスペースを見る。 引き戸による回遊性のあるプランのため、窓辺が連続した印象になりより開放感があるワンルームの様な印象の空間です。

丘の上のコーナーレジデンス (ワークスペースよりリビング方向を見る)

ワークスペースよりリビング方向を見る

窓辺に作り付けのワークデスクを計画しました。リビング行く途中には壁面一杯に収納できる可動の本棚が据え付けられています。1000冊以上が収納できる大容量の収納です。

丘の上のコーナーレジデンス (玄関よりリビングを見る)

玄関よりリビングを見る

玄関よりリビングを見る。 暗くなりがちな玄関もその先に窓があるので狭さを感じません。 実はリビングとの間に乳白アクリルの引き戸の隠し扉が仕込まれていて、引き戸を閉めればリビングは見えないようにすることも出来ます。 機能を充実させつつデザイン性は損なわないように工夫しました。 玄関脇には、飾棚を設けた作り付けの木製靴箱も用意しています。

丘の上のコーナーレジデンス (玄関の飾り棚)

玄関の飾り棚

玄関の飾り棚と、脱衣室への引き戸。 引き戸の引手に乳白のアクリルが仕込まれています。 脱衣室を利用中には、光が漏れる工夫になっています。

丘の上のコーナーレジデンス (壁面の可動本棚収納)

壁面の可動本棚収納

壁面一杯の可動の本棚収納をウォークスルークローゼットして計画しました。 1000冊以上の本が収納出来、色々と引き出して見比べながら本を選ぶ事が出来ます。それぞれ引き出せるので整理するのにも的しています。

丘の上のコーナーレジデンス (引き戸の引手)

引き戸の引手

引き戸の引手。 シンプルですが、様々に色目を検討しました。 左はアガチスとシナ合板の組合せ。 右はメラミン化粧合板とアガチスの木口テープに乳白のアクリル。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
30

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計

用途

自宅

居住者

夫婦・カップル

所在地

神奈川県川崎市

費用

設計・施工:1200万円台

延床面積

87㎡

施工面積

87㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム (キッチン/リビング/和室/バスルーム/スケルトン/インナーバルコニー)

間取り

4DK

築年数

42年

期間

設計:4.5ヶ月 、施工:1.5ヶ月

完成時期

2016年12月

設計会社

G ARCHITECTS STUDIO

施工会社

バター

間取り

リノベーション前

リノベーション後

若いご夫婦がお住いになる丘に建つマンションの一室のリノベーションです。桜の木に囲まれた角部屋だったので、窓辺を取り込むプランを心かけました。

家づくりのきっかけ・施主の要望

お二人はご結婚されてから都内にお住いでしたが、より環境のいい場所のお住いをお探しでした。物件探しは難航しましたが、丘の上に建つマンションにめぐり合いました。窓からの眺望と部屋の廻りの桜の木に囲まれていたのが気に入ってここに決めたそうです。時折お友達を呼んでパーティーを催したりしたいという事で、みんなが集まれる様に対面キッチンをご要望でした。また趣味のオーデイオがスッキリ納まる収納や沢山の本が納められる作り付けの可動収納、インナーバルコニー、籠もれる書斎、ご両親がいらっしゃった時に利用できる客間などをご要望でした。

この事例の見どころや工夫したところ

丘に建つマンション一室のリノベーション。桜の木に囲まれた角部屋だったので、どこにいても桜の木やその先に広がる丘陵の緑を感じられるような計画としました。間取りは3LDKですが、間仕切りは全て引き戸としている事で、回遊する際に窓辺が連続して現れるため体験的にはワンルームの様な計画にしています。

施主の感想

大変満足しています。もともとの部屋はそれぞれの部屋が区切られていたのですが、回遊性のあるプランなので実際よりも広く感じます。また設計の当初より、収納について色々とご要望をしていたのですが、上手く納めて頂きました。特に1000冊を超えるマンガ本の収納は可動の作り付け収納としてスッキリと納まっています。

事例の進み方

ご相談を頂いてから、2周間ほどでA案、A'案、B案、C案と4案ほど提案させていただきました。その中で、一つ選んで頂いた案をもとにお打ち合わせを重ねながらマイナーチェンジを繰り返しました。マンションとしては87m2と広めなので全体のコスト調整に少し時間は掛かりましたが、本当に必要なものだけが見えて逆に良かったのでは無いかとおもいます。

印象に残っていること

部屋を囲む桜の木々。竣工後、花見を兼ねてご自宅のパーテイーにお邪魔しました。本当に桜に囲まれた空間で贅沢な一時でした。ご友人などを呼んでお花見を楽しまれたという事で、当初の計画通り人が集まれる空間になっているのを伺い、嬉しく思います。

リノベーション前の写真

パース/模型/CG/スケッチなど

いい家!
30

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

田中亮平 + 許光範

田中亮平 + 許光範

シンプルながら特徴のある設計を得意としています。

所在地

東京都渋谷区鶯谷町19-18-201

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

田中亮平 + 許光範さんのそのほかの住宅事例

tokyo LOFT

マンションリノベーション・リフォーム

1300万円台(設計・管理費用含まず) / 59.06㎡ / 築37年

府中の114

マンションリノベーション・リフォーム

900万円台 / 60.96㎡ / 築40年

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

田中亮平 + 許光範

建築家 / @東京都