マンションリノベーション・リフォーム

ビコロールの家~さりげない色使いがポイントに~

ビコロールの家~さりげない色使いがポイントに~ (キッチンよりリビングダイニングを見る)

キッチンよりリビングダイニングを見る

タイル、配線など所々に赤と青のアイテムを忍ばせています。 よく見ると棚板の裏側などにもアクセントとして用いています。 さり気ない遊び心を取り入れた住まいです。

ビコロールの家~さりげない色使いがポイントに~ (リビングよりダイニングを見る)

リビングよりダイニングを見る

タイル、配線など所々に赤と青のアイテムを忍ばせています。 よく見ると棚板の裏側などにもアクセントとして用いています。 さり気ない遊び心を取り入れた住まいです。

ビコロールの家~さりげない色使いがポイントに~ (ダイニングよりキッチンを見る)

ダイニングよりキッチンを見る

タイル、配線など所々に赤と青のアイテムを忍ばせています。 よく見ると棚板の裏側などにもアクセントとして用いています。 さり気ない遊び心を取り入れた住まいです。

ビコロールの家~さりげない色使いがポイントに~ (ダイニングよりリビングを見る)

ダイニングよりリビングを見る

タイル、配線など所々に赤と青のアイテムを忍ばせています。 よく見ると棚板の裏側などにもアクセントとして用いています。 さり気ない遊び心を取り入れた住まいです。

ビコロールの家~さりげない色使いがポイントに~ (玄関より窓辺を見る)

玄関より窓辺を見る

玄関から窓辺を見返したところです。 暗くなりがちな玄関を明るく開放的な空間にしました。 一方で、プライバシーの確保の観点から、自由にまじ切る事も出来るようにプランニングしました。 また遊び心として配線などに用いた赤と青のアクセントカラーが、引き戸を閉めた時にだけ現れて、生活に彩りを与えてくれます。

ビコロールの家~さりげない色使いがポイントに~ (ベッドルーム)

ベッドルーム

ビコロールの家~さりげない色使いがポイントに~ (窓辺より玄関を見る)

窓辺より玄関を見る

窓辺より玄関を見た写真です。 暗くなりがちな玄関を明るく開放的な空間にしました。 一方で、プライバシーの確保の観点から、自由にまじ切る事も出来るようにプランニングしました。 また遊び心として配線などに用いた赤と青のアクセントカラーが、引き戸を閉めた時にだけ現れて、生活に彩りを与えてくれます。

ビコロールの家~さりげない色使いがポイントに~ (玄関より寝室側を見る)

玄関より寝室側を見る

プライバシーの確保の観点から、自由にまじ切る事も出来るようにプランニングしました。 また遊び心として配線などに用いた赤と青のアクセントカラーが、引き戸を閉めた時にだけ現れて、生活に彩りを与えてくれます。

ビコロールの家~さりげない色使いがポイントに~ (とびらの引手)

とびらの引手

赤く染色されたラーチ合板の引き戸。 引手は通常は襖に使われる木の引手ですが、ラーチ合板の素地の木目に合わせてデザインしています。

ビコロールの家~さりげない色使いがポイントに~ (陶器の引手)

陶器の引手

ラーチ合板の引き戸に、家具用の陶器の引手を取り付けています。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
8

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計

用途

自宅

居住者

夫婦・カップル

所在地

東京都練馬区

費用

設計・施工:900万円台

延床面積

68.34㎡

施工面積

68.34㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム (スケルトン・リノベーション/キッチン/リビング/寝室/バスルームは既存利用)

間取り

3DK → 1LDK

築年数

31年

期間

設計:2.5ヶ月 、施工:1.5ヶ月

完成時期

2015年11月

施工会社

バター

間取り

リノベーション前

リノベーション後

若いご夫婦がお住いになる築30年の都内のマンションリノベーションです。

家づくりのきっかけ・施主の要望

石神井公園の近くに元々賃貸住宅にお住いのご夫婦。
都心にも10分ほどなのでアクセスもいいのと環境の良さもあり、購入するならこのあたりでと決めていたそうです。
この物件に決めるまで10件程回られたそうですが、駅近くで利便性が良く静かで静かで環境が良い点が決めてになりました。

この事例の見どころや工夫したところ

赤と青の二色を、空間の中に散りばめています。
それはたとえば、タイルの柄だったり照明の配線の色だったりと、あくまでもさり気ない色使いに注意しました。
それは服の裏地の様に、棚の裏側であったり、閉めたときにだけ現れる引き戸の裏面だったりします。

施主の感想

設計者は、不思議なくらい好きなものの感覚が私たちと近い方でした。
遊心を取り入れた提案を盛り込んでくれて、本当に相性がばっちりでした。

事例の進み方

最初に3案、ご提案させていただきました。
その中から気になる案を選んで頂き、より具体的な打ち合わせに以降していきました。
わりとはじめの段階からお互いに好みが近い事もあり、打ち合わせはとてもスムーズに進みました。

印象に残っていること

リビングが広くなったので人を呼びやすくなったとお施主さんから言われて、ありがたかったです。回遊性のあるプランなので、割りと見通せてしまう部分も多いのですが、デイスプレイのように収納を工夫したのが良かったのかもしれません。

リノベーション前の写真

パース/模型/CG/スケッチなど

いい家!
8

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

田中亮平 + 許光範

田中亮平 + 許光範

シンプルながら特徴のある設計を得意としています。

所在地

東京都渋谷区鶯谷町19-18-201

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

田中亮平 + 許光範さんのそのほかの住宅事例

tokyo LOFT

マンションリノベーション・リフォーム

1300万円台(設計・管理費用含まず) / 59.06㎡ / 築37年

府中の114

マンションリノベーション・リフォーム

900万円台 / 60.96㎡ / 築40年

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

田中亮平 + 許光範

建築家 / @東京都