マンションリフォーム・リノベーション

陰影がつくる美しい住まい

費用:

2636万円

実施エリア:

東京都

延床面積:

140平米

築年数:

12年

内容:

〈マンションリフォーム・リノベーション〉
リフォームを前提に中古マンションを購入したIさんからは、「無機質で何もない空間」というご要望をいただきました。そこでデザイナーは、白でまとめたシンプルな空間をご提案。ただ白を使うのではなく、光の陰影をつくることで白の中に異なる表情を持たせ、空間に奥行きをもたらしたことが今回のプランの大きなポイントです。

凹凸の原因となるPSまわりには家電や収納をまとめ、すっきりとした木目のパネルで囲い、大きな箱のように見せました。リビング側は、大型の白い箱をくり抜いたような空洞をデザインし、TVと暖炉を配置。随所に木を用いることによって、無機質な空間のなかにも心地よさを感じられるようにしました。

【その他のデザイン実例はこちらからご覧ください】
http://www.craftdesign.co.jp/reform_mansion_1.html

リビング

白で構成したシンプルなリビング。余計な装飾をせず、ミニマムに仕上げながらも壁の面の重なりやライトの陰影をつくり、同じ白のなかにさまざまな表情を持たせました。真っ白な空間に生まれた奥行きや深みが、何も無い状態のなかで際立ち、住まいに美しさを与えます。

LDK

PSまわりには、キッチン家電収納や冷蔵庫、洗面室の洗濯機などを集約し、すっきりとした木目のパネルで囲って大きな家具のように仕上げました。これを軸としてLDK~洗面室~廊下と回遊できる動線は、家事効率と暮らし心地を高めています。白い床・壁・天井に間接照明やダウンライトが拡散してやさしい空間に。

リビング

TVと暖炉の配置スペースは、空間に合わせてオリジナルでデザイン。TVボードや暖炉というよりも、内側を細長くくり抜いた無機質な白い箱がリビングに静かにたたずんでいるといった印象です。AV機器の奥行きをとるために右側が前方にせり出していますが、この凹凸が面の重なりを生み、空間の印象をより深めています。

ホール

リビングに面する寝室の間仕切り壁には擦りガラスを入れ、視線を穏やかに遮りながらも、それぞれの空間に注ぐ自然光を共有できるようにしました。リビングから光源が見えないよう、天井に設けたスリットの中に照明を仕込んだこともポイント。左右の空間から白いタイルにこぼれる光が拡散し、一帯がぼんやりと浮かんで印象的です。

ホール

白を基調としたホールは、壁の凹凸や間接照明の陰影により豊かな表情を与えています。左の個室のドアは奥に移動することで、壁にボリューム感を持たせました。個室からの光が床に広がる様子は期待感を高めます。ダウンライトは右側に寄せ、壁にリズミカルな陰影をつくり出しました。

玄関

光と直線の重なりにより、シンプルなのに心惹かれる趣のある玄関が誕生しました。壁のスリットからこぼれる光が空間に美しい陰影をつくります。収納は必要最低限のサイズで、下部に間接照明を入れて軽やか。その先に続く空間を彷彿させる、無機質で洗練された玄関に仕上がっています。

この専門家のプロジェクト一覧