マンションリノベーション・リフォーム

可動本棚の家

面積:

36㎡

費用:

400万円

築年数:

40年

エリア:

東京都

実施時期:

2009

内容:

新宿から西に5kmほどの閑静な住宅街に建つ30代夫婦のための計画。築38年鉄骨マンション最上階8階10坪1LDKのリノベーションです。
10坪という限られた空間の可能性を最大限に引き出し、多様性のある空間を生み出すことをコンセプトとしました。空間を状況に応じて有効に利用するために、可動本棚や可動間仕切りを組合せることによって、10坪の空間にワンルームから2LDKまで様々な関係性を生み出せる空間としました。
住環境としても夏にワンルーム状態では住居全体に良好な通風を確保し、冬は小部屋化して暖房効率の良い空間を作ることが出来ます。
可動家具や間仕切り、引戸の可変性・展開性の組み合わせによって、10坪というスペースの中で季節やイベント・家族構成など様々な状況に対応可能な多様性のある空間を生み出すことが出来ました。

タテカグのハイカウンター状態です。

可動本棚と可動間仕切りを引出すことで、個室が二つうまれて2LDKの間取りとなります。

可動本棚を引出すことで、ゆるやかに区切られたワンルーム状態となります。

広々としたワンルーム状態です。

家具と内装を纏めてデザインすると、建具のような、家具のような不思議な物ができましたので、タテカグ(タテグ+カグ)と呼ぶことにしました。
このタテカグ側板に高さをスリットを入れ、そこに板を差込むことで、ソファーやデスク、ハイカウンターの3つ機能を持たせました。空間用途によって機能をつかいわけることで空間を有効利用することが出来ます。

10坪の空間最大限有効利用するために可動本棚や可動間仕切り、コアガリなどを使って、ワンルームから2LDKまで空間の間取りを変更出来る空間としました。

リビングに設けたコアガリ。大勢の来客時にはベンチとしても利用出来ます。コアガリの下部は大容量の全面床下収納となっています。

収納の建具を半透明素材とすることで、室内の間接照明としました。

可動本棚はリビング側にブックディスプレイ、寝室側を本棚としています。潜戸は可動本棚をリビング側に引出し、寝室を作った時のアクセスに使用します。ワンルームとして大きく使いたい時は可動本棚を壁側に納めます。

壁面の可動間仕切りを引出すことで、書斎がリビングに生まれます。
室内壁面は黒板仕上げとなっています。狭い床面積を有効に使うために、空間を占有しない個室の作り方を考えました。

可動本棚を全面に引出すことで、寝室を作ることが出来ます。寝室へは潜戸を使って入ることが出来ます。必要に応じて部屋をつくれるので空間を有効に利用することが出来ます。

シンプルでミニマムの洗面台。

モザイクタイルのビビットカラーのアクセントが効いたトイレ。

この住宅事例を手掛けた建築家

久保和樹

建築家 / @東京都ほか

H2DOはスマートで豊かな空間を、クライアントとのコラボレーションから生み出すことをコンセプトとし、建築・内装・家具の設計・デザインをしています。 建築・内装・家具をワンコンセプトで設計・デザインすることで、一体的で相乗効果が生まれる空間を理想としています。 家づくりに関しては、ワークショップからの家づくりを行っています。ワークショップでは、参加者がコンセプトから模型作りまでを、自らが考え体験することで、自分に合った、自分らしい家づくりの方向性を、発見して頂くサポートをしております。 家づくりに関して興味や疑問のある方や、自分らしい家づくりを考えてみたい方は、まずはお気軽にワークショップにご参加頂ければと思います。

久保和樹さんの住宅事例

久保和樹さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード