注文住宅

地上に浮いた地下の家  -高密度商業地域に立つRC3階建ガレージハウス-

地上に浮いた地下の家  -高密度商業地域に立つRC3階建ガレージハウス- (キッチンからの眺め)

キッチンからの眺め

コンパクトなキッチン。キッチン上部客室へは、螺旋階段であがります。

地上に浮いた地下の家  -高密度商業地域に立つRC3階建ガレージハウス- (リビングの眺め)

リビングの眺め

地上に浮いた地下の家  -高密度商業地域に立つRC3階建ガレージハウス- (バスルーム)

バスルーム

クライアントさんお気に入りのホテル浴室の間取りを踏襲して設計した、在来工法の浴室。日本製の鋳物の浴槽は、衛生的で保温性も良いです。

地上に浮いた地下の家  -高密度商業地域に立つRC3階建ガレージハウス- (ガレージ夜景。)

ガレージ夜景。

ガレージスペース。

地上に浮いた地下の家  -高密度商業地域に立つRC3階建ガレージハウス- (木漏れ日螺旋階段)

木漏れ日螺旋階段

ランダムな穴の空いた踏み板を重ねることで、木漏れ日のような影がうまれます。

地上に浮いた地下の家  -高密度商業地域に立つRC3階建ガレージハウス- (リビングの眺め)

リビングの眺め

50畳を超えるリビング空間。左右のトップライトやハイサイドライトから、柔らかい関節光が差し込みます。

地上に浮いた地下の家  -高密度商業地域に立つRC3階建ガレージハウス- (ボックスインボックスの浴室と個室)

ボックスインボックスの浴室と個室

リビングに設置されたボックス、引戸を開けると寝室と浴室につながります。

地上に浮いた地下の家  -高密度商業地域に立つRC3階建ガレージハウス- (寝室の眺め)

寝室の眺め

コンパクトな寝室、W.I.Cとベットスペースがあります。

地上に浮いた地下の家  -高密度商業地域に立つRC3階建ガレージハウス- (客室)

客室

3階の客室。ハイサイドライトの大開口部から、室内に光を取り入れます。

地上に浮いた地下の家  -高密度商業地域に立つRC3階建ガレージハウス- (回転テーブル)

回転テーブル

回転式のテーブル。リビング側に設置すると6名座れます。

地上に浮いた地下の家  -高密度商業地域に立つRC3階建ガレージハウス- (リビング夜景)

リビング夜景

リビングの夜景。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理

用途

自宅

居住者

夫婦・カップル

所在地

東京都立川市

敷地面積

190.94㎡

敷地の特徴

旗竿地

延床面積

223.44㎡

階数

3階建て

間取り

3LDK

期間

設計:24ヶ月 、施工:12ヶ月

完成時期

2016年02月

施工会社

柳澤商事

高密度な建物の密集した商業地域に設計した、ガレージハウスです。外部に対してプライバシーを確保しつつも、柔らかい間接光が室内に降り注ぐ地下のような静かな空間としました。車やバイク等が趣味で、それらを整備するガレージスペースがファーストプライオリティでしたのでまずガレージを最初に設計しました。

家づくりのきっかけ・施主の要望

必要なガレージスペースを検討してもらうために、クライアントにいえづくりワークショップをして頂きました。ワークショップで作った間取りを実際に1/1で線を引いて、大きさを確認して頂きました。「いえづくりワークショップで、間取りや模型をつくったことで、いえのコンセプトをまとめることができてとても良かったです。」との感想を頂き、設計を依頼して頂けました。

この事例の見どころや工夫したところ

居住空間には安定的な室内環境を望まれ、直射日光も好きではない。とのことでした。そこで外断熱を採用し、採光もトップライトやハイサイドライトを関節光で取り入れるプランとしました。その他、スチールのオーダ階段や建具、手摺や小物をデザインしました。

施主の感想

「いえづくりワークショップで考えたコンセプトが最後までベースにあり、ワークショップをしてから家を建てて良かったです。」との感想を頂きました。

事例の進み方

いえづくりワークショップや1/1でガレージの大きさを確認して頂いたので、その後の流れは通常よりスムーズに行えたかと思います。色や螺旋階段を検討する際には3DCGにてシミュレーションして、確認して頂きました。クライアントさんはお忙しい方だったので、SNSでクライアントさんと設計、工務店のグループをつくって、情報共有して効率的にプロジェクトを進めて行きました。

印象に残っていること

クライアントさんがアメリカ出張の際に、ホームセンターに行って色々とドアノブなど探されて、結果的に玄関のノブはプッシュオープン(荷物を持っていても体で押してドアを開けることが可能)のものを輸入されたものをつかいました。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

久保和樹

久保和樹

ワークショップや施主DIY施工から共につくる豊かないえづくり

所在地

東京都杉並区和田1-10-12 803 もっと見る(全2拠点)

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

久保和樹さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

久保和樹

建築家 / @東京都ほか