注文住宅

高尾の家 / 2つのテラスと大きなガラスドアで緩やかに自然を取り込む家

手掛けた建築家

設計、監理を担当

高尾の家  / 2つのテラスと大きなガラスドアで緩やかに自然を取り込む家 (外観)

外観

高尾の山々をはじめとした周囲の自然を家の中に取り込むような外観としている。

高尾の家  / 2つのテラスと大きなガラスドアで緩やかに自然を取り込む家 (ガラス屋根のあるテラス)

ガラス屋根のあるテラス

グリーンとたくさんの太陽の光を得ることができるテラス。ガラス屋根があり外を緩やかに中に取り込む空間。

高尾の家  / 2つのテラスと大きなガラスドアで緩やかに自然を取り込む家 (ガラス屋根)

ガラス屋根

格子の梁で構成した屋根が内部まで続き、外部と内部を緩やかに繋ぎます。 高さ5mのサッシを開けると、一気に外と中が繋がります。

高尾の家  / 2つのテラスと大きなガラスドアで緩やかに自然を取り込む家 (テラス)

テラス

テラスには植栽を配置。内部に緑を届けると共に、季節による変化でそれぞれの豊かさを感じさせる空間。

高尾の家  / 2つのテラスと大きなガラスドアで緩やかに自然を取り込む家 (テラス)

テラス

雨に濡れないテラス空間。物干しのスペースも兼ねる。

高尾の家  / 2つのテラスと大きなガラスドアで緩やかに自然を取り込む家 (LDK)

LDK

間取りの中心はLDK。この空間に緩やかに外部の自然や光が届く落ち着いた空間。

高尾の家  / 2つのテラスと大きなガラスドアで緩やかに自然を取り込む家 (LDK)

LDK

天井高さ5mのLDK空間を中心に、2階建ての個室の箱が囲みまます。個室にはブリッジを通ってアクセスし、常にLDK空間を経由し家族の気配を感じることができる間取りです。大きなキッチン、ソファ、ペンダント照明などは全て特注です。

高尾の家  / 2つのテラスと大きなガラスドアで緩やかに自然を取り込む家 (ガラス屋根のあるテラス)

ガラス屋根のあるテラス

大きなサッシは開くと壁がなくなったように外とつながります。屋根はあるので、雨を気にせずに風が室内を通り抜けます。

高尾の家  / 2つのテラスと大きなガラスドアで緩やかに自然を取り込む家 (階段)

階段

階段は視線の抜けや光をさえぎらないように、軽やかなデザインのスチール階段。

高尾の家  / 2つのテラスと大きなガラスドアで緩やかに自然を取り込む家 (ブリッジ)

ブリッジ

2階のブリッジは各個室にアクセス。吹き抜け空間の中でレベル差が変わり、ロフトのような楽しさが生まれます。

高尾の家  / 2つのテラスと大きなガラスドアで緩やかに自然を取り込む家 (ブリッジ)

ブリッジ

ブリッジをわたるときも、外の景色や自然光が感じられる。

高尾の家  / 2つのテラスと大きなガラスドアで緩やかに自然を取り込む家 (キッチン)

キッチン

たくさんの収納と大きな作業台をもつ特注のキッチン。家具工事で製作します。

高尾の家  / 2つのテラスと大きなガラスドアで緩やかに自然を取り込む家 (バスルーム)

バスルーム

バスルームからも自然を感じられる。

高尾の家  / 2つのテラスと大きなガラスドアで緩やかに自然を取り込む家 (ダイニングキッチン)

ダイニングキッチン

ダイニングテーブルも特注。アイランドキッチンのリビング側は全て収納扉となっている。

高尾の家  / 2つのテラスと大きなガラスドアで緩やかに自然を取り込む家 (キッチン)

キッチン

キッチンにはたくさんの収納を設け、オーブンや食洗器などもビルトイン。レンジフードも存在を感じさせないよう設置している。

高尾の家  / 2つのテラスと大きなガラスドアで緩やかに自然を取り込む家 (子供部屋の小窓)

子供部屋の小窓

小窓から吹き抜け空間がチラリ。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
6

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

設計、監理を担当

用途

自宅

居住者

家族(子供2人以上)

所在地

東京都八王子市高尾町

費用

設計・施工:7000万円

敷地面積

240㎡

敷地の特徴

旗竿地

延床面積

198㎡

階数

2階建て

間取り

4LDK以上

期間

設計:6ヶ月 、施工:8ヶ月

完成時期

2019年12月

手掛けた建築家のコメント

設計、監理を担当

東京都八王子市高尾町で計画した住宅。旗竿状の敷地の周囲は建物に囲まれているが、南北の隙間から高尾の山々が見える。ここでは、周囲の景色も含めた自然を建物内に取り込みたいと考えた。 5mの吹き抜け空間の中心にLDKを配置し、順にインナーテラス、外部との境界には高さ5mの引戸を設け、その外にはガラス屋根のあるテラスを配置する構成とした。 こうすることで、光と木々の緑が緩やかに内部に届き、内部にいても外を感じることができる。また、5mの引戸を開放すると、あたかも壁が無くなったように、建物内を風が通り抜け一気に部屋の中が外になるような開放感を得られるものとなる。 板貼りの4つのボリュームは、個室や水まわりをおさめている。吹き抜け空間の中でそれぞれの部屋がつながり、家族同士の気配を得られるものとしている。それぞれのボリュームはブリッジでつなぎ、各部屋へアクセスする際もリビングを経由するものとし、レベル差が生まれることにより、ロフトのような廊下のような移動する楽しさを得られるものとしている。さらに、格子の天井は構造材で外から中へ同意匠の屋根となり、外部との内部の連続性をより強めるものとした。 日々の生活で自然を感じることでき、家族がどこにいてもお互いの存在を感じられる豊かさを得られるように考えていった住宅である。

家づくりのきっかけ・施主の要望

天井が高く、広い空間。家族の気配を感じる空間。

いい家!
6

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

AIRHOUSE / 桐山啓一

AIRHOUSE

AIRHOUSE / 桐山啓一

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

愛知県名古屋市東区東桜1-10-40 3F

対応エリア

福井県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 / 東京都 / 神奈川県 / 三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県

目安の金額

30坪 新築一戸建て

2,550〜6,000万円

60平米 フルリノベ

900〜1,080万円

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

AIRHOUSE / 桐山啓一さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

手掛けた建築家

AIRHOUSE / 桐山啓一

@愛知県