注文住宅

さくら 〜薪ストーブのある木の家〜

面積:

131㎡

エリア:

埼玉県

内容:

隣接する森に住むコジュケイとヒグラシの鳴き声が印象的な緑豊かな住宅地。66坪と充分な広さの敷地。ゆとりある敷地のため可能性にも幅があり、そのひとつひとつを検討し、建主ご家族のこだわりに応えるべく、たくさんのプランニングを積み重ねました。動線・採光・通風計画に加えて、キッチンから全体を把握できるプランニング、キッチン隣接のパントリー、ゆったりとした階段設計、薪ストーブの位置・煙突の出し方、ピアノの位置、2畳ほど必要とするお雛様スペース、愛犬のおうちスペースの確保、吹抜けに面した2階主寝室の配置、駐車スペースとアプローチの関係、隣接の雑木林の取り込み(借景)など、建主ご家族と共に検討項目を共有できたことは、いつも一緒に打ち合わせに参加してくれた子供達にも大切なことが伝わっていることと。床フローリング塗装もみんなで頑張りました。
その他に、薪棚のデザイン、テレビボードのデザイン、洗面カウンターのデザイン、アイアン作家さんと共にデザインした表札兼インターフォン兼郵便ポスト、カーテンレール、ペーパーホルダー、タオル掛けなどの手しごとがたくさんあり、自然素材の空間づくり、国産の無垢材(杉・ヒノキ・山桜・オニグルミ)、大谷石、和紙、蜜蝋ワックスなど、建主ご家族と一緒につくった木の家です。
一番大切なことは、こだわりを具現化することはもちろんのことですが、居心地の良い暮らしを送っているかどうかです。
吹抜けにあるカウンターで、近所の子供達と一緒に宿題をする風景があったり、散歩途中の園児達が郵便ポストに付けた手づくりのトンボやカタツムリを見て、外から「とんぼー!」「かたつむりー!」と声が聞こえてくること。ほっこりいたします。一緒にお米づくりをして、脱穀後の稲わらを使ったお正月飾りのワークショップの場として使わせてもらったり、そのひとつひとつが居心地の良い楽しい暮らしであると。そんな風景でいっぱいのさくらhouseになりました。

横長の大きな庇と軒の出。町に対して優しい印象。奇抜過ぎずに、調和のとれた雰囲気にするためには、自然素材がふさわしい。

リビングダイニングから見る視線の先にあるもの。
通行人の目線は遮りたい。
でも木々の緑は取り込みたい。それが上下の窓。
その中間には飾り棚。
家族の思い出の写真を飾ったり、子供が頑張った賞状などを飾ったり。
視線の先にあるもの。
大切なスペースとするために。

写真の奥、丸いのが2つ見えますが、右側のは鏡。その下が洗面コーナー。
その横が玄関への出入り口となっています。視点はキッチンからのアングル。
家族の「行ってきます!」と「ただいま!」、気配を感じて顔を合わせられる。
お母さんがキッチンで家事作業をしているときも、それができたら笑顔が増える。
残業帰りのお父さんに、いつもお疲れ様と迎えられる。
何気ない日常の行動のひとつひとつが暮らしであり、建築設計デザインで大切にしていること。

吹抜けに面したフリースペース。
幅3mの大きなカウンターは、洗濯物を整理したり、こどものお勉強机になったり、
家族みんなのPCスペースにもなる多目的な場所。

薪ストーブの煙突上部と天井面の見え方も設置する上でのこだわりのひとつ。
当たり前のことですが、遮熱壁の範囲や高さも関係法規を遵守。
テレビ台もオリジナルデザインです。
吹抜けの大きさ、見え方、化粧梁の架け方、照明の位置など、全てフルオーダー。

レイアウト計画、動線計画、採光・通風計画、薪ストーブの位置と効率、軸線の見せ方、家事動線、ピアノの配置、愛犬のおうちスペースなど、この写真一枚に対して考慮したことがたくさんあります。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

新田浩司

建築家 / @埼玉県

素直で自然体で居られる、そんな空間をプランニングいたします。 暮らしを考える時、どこに居て何をしていて、何が聞こえてどんな空気で、そこから何が見えてどう見られているのか、自分の好きな暮らしと家族の幸せな暮らし、求める空間の印象、それらを共有できると大切な空間になります。

新田浩司

建築家 / @埼玉県

この専門家のプロジェクト一覧

この専門家のそのほかのプロジェクト

このプロジェクト事例に関連するキーワード