注文住宅

『茶畑の家』通り土間がつなぐ住まい

エリア:

静岡県掛川市

内容:

見渡す限りの茶畑の中に建つ住宅である。
景観に配慮し、建物は平屋を思わせる勾配の浅い低いシルエットで構成している。プラン的には田舎独特の慣習を考慮し中央を貫く土間を介して、客間と家族空間を分離している。
リビングには全開放の木製サッシを配置し、外部デッキと共に広い庭、それにつながる茶畑とつながる開放的なプランとした。

この住宅事例を手掛けた建築家

原空間工作所

建築家 / @静岡県

生活スタイルの多様化や技術革新のため、住宅に求められる形態や機能も多様化し複雑になっている時代だからこそ「住まい」は、自分も家族も「共感」し、安らぎと成長を促すものとするために、全ての条件を考慮し、高度な手法を駆使し、家を建てる人にとって最も適した住空間を創造することが大切だと考えています。