森哲哉さんのプロフィール

Pro

建築家

森哲哉

森建築設計室 @愛知県

地域性や風土を読み取り、対話とプロセス大切にした丁寧な家造りを心がけます。
住まいは何世紀にも渡り、人々の暮らしと共に歩んできました。それらの経験や蓄積から学び、今日に相応しいあり方を模索しながら伝えて行きたいと思います。

サービス概要

設計・施工監理

対応可能業務

注文住宅

注文住宅について

得意な住宅の特徴

狭小住宅 , 木造 , 2世帯住宅

住所

〒468-0007
愛知県 名古屋市天白区 植田本町2-812-1

サービス提供エリア

新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 長野県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県

特徴

テレビ出演あり , 雑誌掲載あり

資格

一級建築士

目安の予算(建築家の場合は設計料)

工事金額の約10%

経歴

1985年 法政大学工学部建築学科卒業
1987年 法政大学院修了
1987-1985年 槇総合計画事務所
1986年 森建築設計室 設立

雑誌掲載・著書

new house
建築家カタログ vol.5
満点の家をつくりたい 東海編〈2〉

趣味

旅行 音楽

『天白の家 XI』のびのび暮らす住まい

注文住宅事例

説明: 敷地は静かな住宅地にあり、北側に約8m接道しています。断熱性や耐震性を満たすように建て替えることになりました。計画は、アウトドアを楽しむクライアントのライフスタイルを反映しています。居間から広がる南の庭、浴室に面し和室と繋がる北の庭、立体的な空間構成など、ご家族がのびのび暮らせる空間を心掛けました。外観は街並に馴染む形にして、下屋部の壁は板張りにしています。構造材や内部の仕上げにも国産のヒノキをふんだんに使っています。

登録部屋数: 9

『丹羽の家』ヒノキ造りの柔らかな表情の家

注文住宅事例

説明: 敷地は静かな住宅地にあり、広さは50坪程で陽当たりも良い。間取りの条件としては、1階に生活の中心となる居間やダイニングキッチン、そして水廻りと和室を設けることであった。複数の案を検討し、機能と収納のバランスが良いこの案に落着いた。南面道路はやや東を向いており、2階ルーフバルコニーは陽当りは最高の位置にある。外部の破風や軒天、手摺や通風格子などはヒノキを用いて、街に柔らかい表情を見せる。内部もヒノキや和紙で仕上げ、ナチュラルな空間となる。庭やルーフバルコニーは、内部との融合を狙った。新たな生活の場として心地良い暮らしの器となるように心掛けた。

登録部屋数: 8

植田の家 VI

注文住宅事例

説明: 敷地は高台の住宅街に位置し、東と北に接道している。ゆったりとした南側の庭との関係を重視して、間取り、配置を行った。また、通風、採光、防犯に配慮し、将来の生活の変化を視野に入れた計画とした。内部、外部共に自然素材の質感を大切にして、手造りの暖かみが感じられるように仕上げる。数年後には外構の緑も育ち、適度にプライバシーを保ちながらこの地に相応しい街並になるよう心掛けた。近くにある植田の家 IVを見てご依頼をうけました。

登録部屋数: 12

東区 アオダモの家

注文住宅事例

説明: 敷地は、市の中心近くにありながら、住宅も多く見受けられ、都市生活を楽しめる地域にある。東と北に接道した角地で、東側間口は約8.5m、北側道路は古くからある商店街につながっている。
車や人の通行に配慮し、騒音や視線から守られた、安心できる住いを心掛けた。二重性を持たせた東、南面の外壁と木製ルーバーは、落着いたエントランス空間を造り、2階のリビングのプライバシーの確保しつつ、生活の気配を街に伝えている。
2階には温水床段房を、基礎下には土壌蓄熱方式の暖房(サーマ・スラブ)を設けた。

登録部屋数: 14

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。