マンションリフォーム・リノベーション

暖炉を囲む暮らし

費用:

1600万円

実施エリア:

神奈川県横浜市

延床面積:

89平米

築年数:

11年

内容:

家族構成が変わったことをきっかけに、過ごしやすいようにリノベーションすることにしました。部屋数を減らしてそれぞれの部屋を拡大。部屋ごとに必要な収納も確保しています。デザインにもこだわりが。リビング・ダイニングの中央には暖炉を設置。マントルピースには天然石を使用し、小口の組み方にもこだわりながら重厚感を演出しました。その存在感により、両サイドの収納とTVといった生活感を抑えています。自然と暖炉まわりに人が集まるような空間構成がポイントです。
また、SIC・水まわり・キッチン収納は一カ所にまとめ、壁で囲んで箱のように。テクスチャーが際立つ特殊塗装により、壁面に情緒的な印象をつくり出しています。シックな色使いながらも表情のある素材や塗装を散りばめ、大人のご夫婦がくつろげる住まいに仕上げました。

LDK

LDKの中央には、せり出すように電気式暖炉を設置。マントルピースには天然石を張り、存在感を強調しました。コーナーは、石の小口が正面・側面で互い違いになるように組み、ナチュラルな立体感を演出。重厚感のある暖炉によってTVと収納の存在をやわらげると同時に、リビングとダイニングをゆるやかにゾーニングしています。LDKの下がり天井~廊下の天井は、スモーキーなベージュで統一。絶妙な色合いで落ち着いた雰囲気をつくりました。

LDK

キッチンの収納扉から水まわりの壁、建具は、特殊塗装です。職人さんが塗りムラをつくりながら丁寧に塗りました。光が当たるとメタリックに輝き、光の角度・量・色によって、うっすらとした紫や、紺色に見えます。昼と夜で異なるイメージをつくり、住む人をたのしませているようです。塗料には防カビ性能があり、水拭き掃除もできるため、水まわりにはぴったりです。

キッチン

既存の独立L型キッチンは「使いづらかった」という奥さま。そこでオープンの対面式にし、I型キッチンを配置しました。壁面収納により、生活感のないすっきりとしたキッチンに。引き戸は、コテ跡を残しながら特殊塗装を施しています。滑らかに輝く表面に光が当たると、濃紺の上に紫などのメタリックカラーが浮かび上がり、視線を惹きつけるアクセントに。対面カウンターの収納は、お持ちのダイニングテーブルに合わせて高さを調整しています。

寝室

寝室は2部屋をつなげてスペースを拡大。隣室の押し入れによる出っ張りに、お持ちのデスクが納まるように計画しました。壁には、ご主人さまが選んだボタニカルなグリーンを塗装。奥行きのある素朴な色合いで、おだやかな目覚めをもたらしてくれます。下地には塗装用のクロスを張っているため、塗り直しも可能。窓にはインナーサッシを設けて寒さ・結露対策を行い、ぐっすりと休めるようにしています。

WC

壁と柱にアンティーク煉瓦を張り、ご主人さまご希望のシックなテイストをつくりました。壁には大きなミラーを設置し、上下に間接照明を入れ、伸びやかさを感じられるように。アンティーク煉瓦に光が当たると質感が際立ち、より重厚でラグジュアリーな印象が生まれます。陶器の手洗い器は、奥さまが通う陶芸教室の先生の作品。内装の色合いやカウンターサイズに合わせて作られており、空間に素朴なぬくもりを添えています。

廊下

玄関からキッチンの壁を斜めに設け、玄関ホール・水まわり・キッチンに必要なスペースを確保。SICと水まわり、キッチン収納は、キッチンの引き戸と同じ特殊塗装の壁で囲み、”箱”がシンボリックにたたずむような印象をつくりました。大きな箱をくり抜いたような入り口が、箱のボリュームをうかがわせます。手すりを兼ねたコートフックは、黒皮鉄に麻を巻いて造作。使ううちに風合いが出て、住まいになじんでいくのが楽しみです。

この専門家のプロジェクト一覧