マンションリフォーム・リノベーション

光と風、視線がとおり抜ける

実施エリア:

神奈川県横浜市

延床面積:

152平米

築年数:

22年

内容:

〈マンションリフォーム・リノベーション〉
小さなお子さまと3人で暮らすUさん。これまでのお住まいが狭くなり、住み慣れたマンションのより広い部屋に住み替えることになりました。

今回とくにこだわったのは、キッチン。LDと和室の間にオープンキッチンを設け、料理中もお昼寝をするお子さまやリビングでくつろぐご主人さまの様子がわかるようになっています。さらに南北の風が通り抜け、長時間過ごしていても心地のよう空間に。L字型キッチンとアイランドカウンター、カウンターテーブルを置いた贅沢な広さ。お菓子づくりや軽食、お子さまの宿題を見たりすることもできるフレキシブルなキッチンです。また、間取りも大きく改善しています。玄関を境にパブリックとプライベートにゾーニングし、スムーズに移動できるように工夫しました。子育てで忙しい奥さまも「家事が楽になりました」とご満足のご様子でした。

【より詳しくはこちらをご覧ください】
http://www.craftdesign.co.jp/menu/full/works/339/

リビング

玄関ホール〜LDKを回遊できる効率的な動線によって、部屋間の移動がスムーズになりました。また最上階だったことから天井を上げられることがわかり、可能な限りアップ。152㎡の大空間を活かしたプランで、明るく開放的な住まいに生まれ変わっています。

キッチン

ひと部屋を取り込み、広々としたキッチンに。和室でお昼寝をするお子さまを見守りながら料理ができるようになりました。リビング〜キッチン〜和室を光と風が通り抜け、居心地のよさもアップ。玄関ホールから直接出入りができるため、買物した食品をすぐに冷蔵庫にしまうことができて便利です。

ダイニング

キッチンからは、LDや和室の様子を見通すことができる。とくに、料理中に小さなお子さまから目を離さずにいられることは、奥さまにとっては大きな安心となりました。天井の高さを活かし、ダイニングには天井まで届く壁面収納を造作。大容量で納まり、いつもすっきりとした状態をキープできます。

リビング

家具もクラフトのデザイナーがセレクトしています。LDKの広さを活かすため、シックな家具で統一。クッションや絵画でアクセントカラーを添えて、リズミカルな空間に仕上げました。また、トイレの配管を隠すように台を造作し、飾り棚やベンチとして利用できるようにしたこともポイントです。

ベッドルーム

北側のベッドルームを南側に移動。朝の目覚めが気持ちがよくなりました。また天井を穏やかに傾斜させることで寝室にちょうどよい開放感をつくりました。光の方向を計算しながら設置したトップライト。陰影が落ち着いた心を誘います。壁には輸入クロスを張り、間接照明でラグジュアリーに。

洗面・バス

洗面所と浴室をWICで囲い込むように配置。着替えと洗面、脱衣と入浴がスムーズになりました。洗面台ボールは2つ設け、朝の身支度も家族一緒にできるように。洗面室も天井高をアップして開放感を持たせていますが、寒くならないように床暖房と温風暖房を入れています。

この専門家のプロジェクト一覧