マンションリフォーム・リノベーション

小さな古い洋館に暮らす

費用:

1065万円

実施エリア:

東京都港区

延床面積:

45平米

築年数:

46年

内容:

〈マンションリフォーム・リノベーション〉

Dさんが購入したのは、1人暮らしにちょうどよいワンルームの中古マンション。「こんな雰囲気にしたい」と昭和初期に建てられた洋館の写真を見せてくれました。

ご希望の空間をつくるため、リビング・ダイニングの入り口は、絵画の額縁のような意匠の開口枠を設置。アンティーク塗装を施したことで木目のうねりや凹凸、塗りムラがはっきりと現れ、実際に長い時を隔てたような重厚なたたずまい。貫禄たっぷりで空間に深みを与えています。開口枠だけでなく、巾木や建具、クロゼットの扉も同様にアンティーク塗装を施し、空間全体をノスタルジックな雰囲気に。リビング・ダイニングのうち、寝室やリビングの床はオーク材、窓際はタイルを張るなど、同一空間のなかで変化を持たせていることもポイントです。

【そのほかのデザイン実例はこちらからどうぞ】
http://www.craftdesign.co.jp/reform_mansion_1.html

リビング・ダイニング

築46年のマンション。天井が低く圧迫感があったため、天井材を撤去して天井高をアップ。表面に傷や凹凸のあるコンクリート躯体を直接塗装することで、自然の経年やラフさをインテリアとして取り入れています。開口枠にはアンティーク塗装を施し、木目模様や凹凸、色むらを見せることによってノスタルジックな雰囲気に。

リビング・ダイニング

クロゼットは海外の既製品の扉を利用することでコストバランスを図りました。開口枠と同様、扉にアンティーク塗装を施し、経年変化を表現。さらに仙徳色のツマミを取り付け、アンティーク感たっぷりの風格をプラスしています。大きな存在感を放つクロゼットは、Dさんお好みの古い洋館を演出するのに欠かせないアイテムです。

ベッドルーム

気ままな一人暮らしにぴったりのワンルームのような空間。ベッドルームはリビング・ダイニングと同一空間にあるからこそテイストを揃え、空間に溶け込むように配慮しました。優しい色合いのファブリックでシンプルに仕上げつつ、エイジング加工を施したソケットライトを並べてぬくもりある表情に。心地よい眠りを誘うベッドスペースに仕上がっています。

リビング・ダイニング

リビング・ダイニングの床は、ハンドメイドで削り込んだオークの無垢材をヘリンボーンに張って、重厚でクラシカルな印象に。一方、グリーンを飾る窓際には、土や水をこぼしても掃除が簡単なタイル採用。床の素材を使い分け、張り方にもこだわることで、単調になりがちな空間にリズムを与えました。

キッチン

オープンだったキッチンは、Dさんのご希望で手元が見えない独立型に変更。壁を設けるため、大きく移動しています。ステンレスキッチンは一人暮らしにぴったりなコンパクトサイズをセレクト。居室とは異なりスタイリッシュな要素も感じられます。正面の壁には白いタイルを目地なしの突付けに。丸いブラケットライトがあたたかい光を放つ、ほっとするキッチンとなっています。

洗面室・浴室

キッチンと同じタイルを、こちらはダークグレーの目地で貼ってインパクトを。丸いブラケットライトやアンティーク塗装を施したミラー、据え置き型のバスタブが映画のワンシーンのようにドラマティックです。床のグレーのモザイクタイルや実験用のシンクなど、部分的に素っ気ないアイテムを使うことで小粋な空間に仕上げています。

この専門家のプロジェクト一覧