動かせないパイプスペースをどうするか?リノベではよくあること。床材と同素材仕上げで、子供スペースのシンボルツリーに!

マンションリノベーション

アンティーク×都会的MIXインテリア

手掛けたリノベーション会社

設計、施工、監理、プロデュース・コーディネートを担当

アンティーク×都会的MIXインテリア (LDK)

LDK

キッチンの位置を大きく移動し、洗面室やお風呂場とつながる動線に。背面の扉を開け放てば、洗面室、WICの先に寝室が見え、遊んでいるお子さんにも目が届き安心です。 キッチンのダイニング側には、扉をつけて隠す収納を。趣味でコレクションした食器などはここにたっぷりと収納できます。冷蔵庫も見えないように工夫しましたが、普段使いの食器は背面の棚に見せて収納し、隠しすぎないところもこだわりポイント。

アンティーク×都会的MIXインテリア (キッズルーム)

キッズルーム

元々キッチンがあった場所で、パイプスペースが残ってしまうのがネックでしたが、床と同じフローリングで仕上げ、お部屋のシンボル柱として使うことに。この柱をお子様の成長記録にもしていきたいと、ご主人。

アンティーク×都会的MIXインテリア (リビング)

リビング

テレビ台はお子様が小さいこともあり、登ったりぶつけて壊してしまうことが無いよう、壁掛けのテレビをご希望でした。 テレビ配線やデッキなどが見えないように、壁を少し前に立てて裏側に隠しました。壁の裏側には、本棚、AV機器類、PCのワークスペースとなっており、ごちゃついて見えるものを上手に隠しています。

アンティーク×都会的MIXインテリア (ウォークインクローゼット)

ウォークインクローゼット

ご家族のものはほぼ全てここに収納されています。 おこもりスペースとして座って作業ができるカウンターを設置。 カウンターの高さは奥様が嫁入り道具で譲り受けた家具に合わせて設計しました。 写真の背面には洗面室、扉の向こうは寝室になっており、このクローゼットは動線の要になっています。

アンティーク×都会的MIXインテリア (洗面室)

洗面室

WIC側から、LDK側からどちらからもアクセス可能な洗面室。お風呂から出たときに廊下を通るのが嫌で、お風呂→WIC→寝室という動線を可能にしました。 キッチンで料理をしながら洗濯もでき、お子様が一人でお風呂に入れるようになってからも安心です。

アンティーク×都会的MIXインテリア (SIC)

SIC

玄関横に土間続きの収納部屋を作りました。 ご主人の趣味のバイク用品が多く、それらは部屋の中まで持ち込まず、飾りながら収納できるスペースに。

アンティーク×都会的MIXインテリア (本棚)

本棚

壁掛けテレビの裏側は、本棚として活用。 掃除機などの生活感があるものもこの壁の裏に隠しつつ、しまい込んでいるわけではないので使う時はサッと取り出せます。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けたリノベーション会社

設計、施工、監理、プロデュース・コーディネートを担当

用途

自宅

居住者

家族(子供2人以上)

所在地

神奈川県川崎市

費用

設計・施工:1200万円

延床面積

89㎡

施工面積

89㎡

改修規模

フルリノベーション (スケルトンリノベーション)

間取り

3LDK → 2LDK

築年数

32年

期間

設計:3ヶ月 、施工:2ヶ月

完成時期

2016年03月

間取り

リノベーション前

リノベーション後

手掛けたリノベーション会社のコメント

設計、施工、監理、プロデュース・コーディネートを担当

お子さんの誕生をきっかけにリノベーション前提のお家探しをスタート。リノベーションのテーマは「モルタル×ステンレス×木」
中でも特にこだわったのは、寝室からクローゼットを抜けてサニタリーに行ける動線。ドアノブやドアストッパーなどは海外から取り寄せ、細部にまでこだわりがつまったお家に仕上がりました。

家づくりのきっかけ・施主の要望

お子様が生まれたタイミングで、マイホームを検討されました。
新築は好みのデザインがなかったため、中古をリノベをご検討されたそう。内装のデザインは『モルタル × 木 × ステンレス』がテーマ。
将来的にご両親と一緒に住むようになったり、お子様が独立されてご夫婦お二人暮らしで住む時のことも考えて、生活の変化に合わせて部屋も変化していけるような間取りをご希望でした。

この事例の見どころや工夫したところ

間取りや動線を特に重視されています。人数分の子供部屋を確保すべきか悩まれましたが、他のこだわりを強くお持ちで、個々の部屋よりも一緒に過ごす時間が長い場所をしっかり確保することに。
寝室とお風呂場を行き来できるよう、WICを通り抜けられる間取りに。
また、間取り全体が回遊できるようになったため、採光や通風の面でも改善されています。

施主の感想

こだわりをたくさん詰め込み、大変満足してくださっています。
リノベーションのお打合せが楽しかったため、思い出としてプランの資料などを全て取っておいてくださっているそう。
工事が終わって完成ではなく、この空間をキープしつつ、生活に合わせて一緒に変化していきたい!とご夫婦でお話ししてくださいました。

リノベーション前の写真

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けたリノベーション会社

SHUKEN Re

株式会社SHUKEN Re

SHUKEN Re

対応業務

リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

千葉県浦安市海楽2-5-35 もっと見る(全2拠点)

対応エリア

千葉県 / 東京都 / 神奈川県

目安の金額

60平米 フルリノベ

780〜1,200万円

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

SHUKEN Reさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

手掛けたリノベーション会社

SHUKEN Re

@千葉県ほか全2拠点