もともとあったエレベーターを撤去して、そこには広々SICを。生活感の出やすい家電は、ミラー扉の大容量収納へ。

戸建てリノベーション

専門家イチオシ

COLORFUL × STYLISH

手掛けたリノベーション会社

設計、施工、監理を担当

COLORFUL × STYLISH (玄関の手洗いスペース)

玄関の手洗いスペース

カラフルなミラーとブルーのタイルが印象的な洗面台 。原色の組み合わせが情熱的で、見ているだけで気分が上がります!! アーチの向こうはSIC、階段を上るとご家族の寝室に繋がります。

COLORFUL × STYLISH (コの字のSIC)

コの字のSIC

もともとホームエレベーターがあった場所は広々としたSICに。 家族の靴や外で使うものが余裕をもって収納できる、戸建てならではのとても贅沢な造りです。コの字のSICは奥様の憧れだったとか…!

COLORFUL × STYLISH (戸建てならでは!広々とした玄関ホール)

戸建てならでは!広々とした玄関ホール

来客時や家族の帰宅時にすぐに手を洗えるだけでなく、外出時には身だしなみの最終チェックにも使える洗面台を設置。 スペースがあるからこそ実現できる充実の玄関!

COLORFUL × STYLISH (ダイニングキッチンは鏡効果で倍の広さ!)

ダイニングキッチンは鏡効果で倍の広さ!

収納の扉を鏡にしたことで、開放感が増し部屋が広く見えます。

COLORFUL × STYLISH (ステンレスのアイランドキッチン)

ステンレスのアイランドキッチン

全方向から使えるアイランドキッチンは、ブルーの壁紙と好相性のステンレス製! 奥様は「シンクの広さにまだ慣れない」と仰っていましたが、2人以上でキッチンに立つときやホームパーティーでは、どこからでも使うことができる水栓や広々とした作業台は大活躍しそう!

COLORFUL × STYLISH (寛ぎのシアタールーム)

寛ぎのシアタールーム

遮光カーテンを閉めれば家族専用の映画館に! 天井にはプロジェクター付きのシーリングライトを取り付けて、ソファの向かい側の壁を一面スクリーンとして使っています。

COLORFUL × STYLISH (寝室はシンプルに、心地よく)

寝室はシンプルに、心地よく

グリーンの壁紙でシンプルにまとめた寝室。 床は木目調のフロアタイルをヘリンボーン貼りに。

COLORFUL × STYLISH (家族専用のサニタリースペース)

家族専用のサニタリースペース

モノトーンの洗面化粧台の後ろにはアイアンのバーが2本並んだ広々としたランドリースペース! 天気に関係なく家族全員分の洗濯物を干すことができるのも、家事効率化&ストレスフリー!

COLORFUL × STYLISH (ボタニカル柄の「映えるトイレ」)

ボタニカル柄の「映えるトイレ」

1階のトイレは、玄関にあった鏡と同じ配色のボタニカル柄。カラフルでとっても華やかです!

COLORFUL × STYLISH (3Fは子供たちの遊び場に)

3Fは子供たちの遊び場に

3Fは部屋を作らず子供たちが思い切り遊べる空間に。 バルコニーの入り口や窓からはたっぷりと光が入り明るく開放的な印象。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けたリノベーション会社

設計、施工、監理を担当

用途

自宅

居住者

家族(子供2人以上)

所在地

千葉県

費用

設計・施工:2000万円

延床面積

196.94㎡

施工面積

196.94㎡

改修規模

フルリノベーション (フルリノベーション)

階数

3階建て

間取り

その他 → 4LDK以上

築年数

23年

期間

設計:1ヶ月 、施工:2.5ヶ月

間取り

リノベーション前

リノベーション後

手掛けたリノベーション会社のコメント

設計、施工、監理を担当

地上 3 階+地下1階の戸建てをリノベーションしたA様邸 。
以前はホームエレベーターがありましたが、今回のリノベーションでエレベーターは撤去。延べ床面積200㎡弱のおうちを、カラフルに、そしてスタイリッシュに、ご家族4人が思い思いの時間を過ごせる広々と伸びやかな住まいへとリノベーションしました。

家づくりのきっかけ・施主の要望

もともと賃貸住まいだったA 様が住み替えを検討し始めたのは約 2 年前。 2 人のお子さんの成長に伴い 、それぞれの部屋が必要になったことがきっかけでした。 当時のお住まいと同じエリアで 、伸び伸びと暮らせる広い物件を中心に探し、ようやく見つけたのが今のおうち。
当初はホームエレベーターが付いているという点がネックで選択肢に入れていなかったそうですが、「 エレベーターはリノベーションで 撤去できる 」 ということが分かり、リノベーション前提で物件の購入を決意されました。

この事例の見どころや工夫したところ

ダイニングキッチンの壁一面には、生活感の出やすい家電も、ごちゃつきがちなキッチン用品も全て仕舞える大容量の収納を設置。収納の扉を鏡にすることで部屋が更に広く見え、伸びやかなダイニングキッチンになりました。
ホームエレベーターがあった場所には奥様憧れのコの字のSICを設置。構造上段差になってしまう部分だったので、扉は付けずアールの開口で空間を仕切っています。

施主の感想

ダイニングの隣にあるシアタールーム。天井にはプロジェクター付きのシーリングライトを取り付けて、ソファの向かい側の壁を一面スクリーンとして使われていました。遮光カーテンを閉めれば、A様家族のプライベート映画館に!ご主人とお子さんたちは、シアタールームで映画やアニメを見ることも多く、くつろぎの時間を過ごされているそうです。

事例の進み方

色合いや内装は奥様が、費用や空間のバランス、そして使い勝手については主人がメインとなって検討し、プランナー含め全員で話しながら打ち合わせを進めていきました。
打合せは主にオンラインで行っていたため、画面上では説明が難しい部分についてはご夫婦でご説明をし合いながらご理解いただき、プランをつくり上げることができました。

印象に残っていること

通常SHUKEN Reでリノベーションされるお客様は、1ヵ月半~3ヵ月、長い方ですと半年程かけてじっくりと内装やデザインのお打ち合わせを進めていきますが、なんとA様のお打ち合わせ期間は驚異の3週間!
トイレの壁紙は少し悩んだと仰っていましたが、それでも3週間でトータル4フロアの内装を全て決め切る「決断力」と「集中力」にプランナーも脱帽だったとか。

玄関に洗面台

玄関扉を開けてまず目に入るのが、カラフルなミラーとブルーのタイルが印象的な洗面台 。
今まで洗面化粧台といえば、浴室などプライベートな空間の近くに置かれることが多く、 そのため玄関から少し離れた場所にあるのが 一般的でした 。
しかし最近は、来客用と家族用を別にしたい、動線を考慮して玄関の近くにもう一つ手洗い場を作りたい、というご要望をたくさんいただくようになり、今回A様も同じお考えでこの場所に洗面台を設けました。
来客時や家族の帰宅時にすぐに手を洗えるだけでなく、外出時には身だしなみの最終チェックにも使えるのはとっても便利です!

リノベーション前の写真

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けたリノベーション会社

SHUKEN Re

株式会社SHUKEN Re

SHUKEN Re

対応業務

リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

千葉県浦安市海楽2-5-35 もっと見る(全2拠点)

対応エリア

千葉県 / 東京都 / 神奈川県

目安の金額

60平米 フルリノベ

780〜1,200万円

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

SHUKEN Reさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

手掛けたリノベーション会社

SHUKEN Re

@千葉県ほか全2拠点