リノベでやりたいことはハッキリしている、完成後のイメージはぼんやり、具体的にする専門家との時間はかけがえのないもの。

マンションリノベーション

専門家イチオシ

“好き”を並べてすっきり暮らす

手掛けたリノベーション会社

設計、施工、監理を担当

“好き”を並べてすっきり暮らす (ナチュラルテイストなリビングダイニング)

ナチュラルテイストなリビングダイニング

当初から要望に入れていた対面キッチン。閉鎖的だったキッチンは明るく開放的な空間になりました。

“好き”を並べてすっきり暮らす (キッズスペースのあるリビング)

キッズスペースのあるリビング

和室を取り込んだことにより開放感が増したリビングダイニング。 キッチンにいてもソファに座っていても見える位置にキッズスペースを設置して、お子様の様子を見守りながら過ごすことができる。

“好き”を並べてすっきり暮らす (和室を取り込んだリビングダイニング)

和室を取り込んだリビングダイニング

和室をと取り込んだ明るいLDK。ナチュラルな雰囲気は心もほっこり温かくなる。

“好き”を並べてすっきり暮らす (ナチュラルテイストなLDK)

ナチュラルテイストなLDK

LDKの床は挽板フローリング。木の質感はありながらもお手入れは簡単、ということに惹かれ採用したそう。 窓から差し込む光で十分暖かいので、床暖房は撤去してしまったそう。

“好き”を並べてすっきり暮らす (木目でまとめたナチュラルキッチン)

木目でまとめたナチュラルキッチン

ナチュラルな雰囲気のリビングと合わせるために、キッチンの面材は木目調に。ステンレスの天板との相性もばっちりです。 当初吊戸棚は付けない予定でしたが、プランナーよりストック品の収納の為に1一カ所だけ付けることを提案。 この収納があるおかげで、オープン部分をきれいに保つことができ家電もスッキリ並べられているそう。

“好き”を並べてすっきり暮らす (リビングと寝室を繋げるWTC)

リビングと寝室を繋げるWTC

リビングと寝室の間にはウォークスルークローゼット(WTC)を設置。両方の部屋からアクセスできるので風通しも良く、生活動線も効率的に。 ルーバーの扉を採用し、リビングから見るとアクセントにもなっている。

“好き”を並べてすっきり暮らす (室内窓がある書斎)

室内窓がある書斎

もともと一部屋だった空間を土間収納と書斎にスペース分け。 将来は子供部屋として使用する予定の為、ベッド置けるスペースを確保し、採光のために室内窓を設置している。

“好き”を並べてすっきり暮らす (モノトーンな洗面室)

モノトーンな洗面室

サブウェイタイルとグレーのフロアタイルでスッキリとまとめた洗面室。2カ所からアクセスできるので風通しも良く動線も◎ BOX収納を活用し、シンプルで無駄のない収納が実現した。

“好き”を並べてすっきり暮らす (爽やかな色合いのトイレ)

爽やかな色合いのトイレ

木目・ブルー・ホワイト・グレーで清潔で爽やかなトイレに。

“好き”を並べてすっきり暮らす (靴好きなご主人のためのSIC)

靴好きなご主人のためのSIC

ご主人趣味のひとつは「靴」。 スニーカーや革靴をきれいに収納できる土間収納には自転車やベビーカーも置ける広さ。アウトドア用品もきれいに収まる大容量のSIC!

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けたリノベーション会社

設計、施工、監理を担当

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

千葉県

費用

設計・施工:約600万円

延床面積

70㎡

施工面積

70㎡

改修規模

フルリノベーション (フルリノベーション)

間取り

3LDK → 2LDK

築年数

16年

期間

設計:2.5ヶ月 、施工:2ヶ月

間取り

リノベーション前

リノベーション後

手掛けたリノベーション会社のコメント

設計、施工、監理を担当

築16年のマンションをナチュラルでほっこりする空間にリノベーションしました。もとは3LDKだった住まいを2LDK+WICに。玄関脇には土間収納も新設し、収納力が上がった住まいで好きなものを眺めながらスッキリと暮らしているそうです。

家づくりのきっかけ・施主の要望

お子様の誕生をきっかけにマイホームを持とう!と思い始めたお施主様。新築や戸建ても検討し、内見にも行きましたが「もう少しこうだったら…」と思う物件が多く、希望を叶えるために中古リノベを選択されました。
物件探しの条件は色々ありましたが、日当たりや天井高に加え、内見をした中で一番駅近だった今の住まいの購入を決意。リノベ前提だったので「内装のキレイさ」ではなくそれ以外の条件を重視して物件を探すことが出来たそうです。
リノベで変えたいことはある程度決まっており、①対面キッチンにすること②和室をLDに取り込むこと③ワークスペースを作ること④シュークロークを作ることの4つ。
この要望を盛り込んだプランをプランナーと練っていきました。

この事例の見どころや工夫したところ

リビングの隣に設置したWICは動線を考慮し寝室とリビングの両方からアクセスできるように扉を2つ付けました。収納量を考え、扉の位置をずらしS字の動線に。ルーバーの扉はキッチンのカウンターと色を合わせリビングから見た際の統一感も生まれました。

施主の感想

リノベーション後お友達がたくさん遊びに来たそうですが、まず玄関から「わぁー!」と驚き、キッチンもリビングも好評だったとのこと。
各々がキッチンにいたりダイニングでおしゃべりをしたりソファで寛いでいたりと、自由に過ごしていたそうですが、LDKが一体になっているので同じ空間にいるようでとても楽しい時間を過ごすことが出来たそうです。

事例の進み方

ご相談当初から比較的ご要望は固まっていたというお施主様。しかし完成後のイメージはぼんやりとしていました。打ち合わせは、その「ぼんやり」を具体的にしていく時間だったそうです。
お打ち合わせは事務所に来ていただき、実際にサンプルなどを見ながら仕様を決定していきました。

印象に残っていること

特に印象に残っているのは床材を決める打ち合わせ。
LDのフローリングについて、チュラルな雰囲気にしたいけれど嘘っぽいのは嫌で、でも予算は押さえたい…と色々と悩んでいたそうですが、そんな時に時にプランナーから提案されたのが今のフローリングだそう。挽板のフローリングのため木の質感はありますが、お手入れが無垢材よりも簡単なのがお気に入り!とのことでした。

リノベーション前の写真

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けたリノベーション会社

SHUKEN Re

株式会社SHUKEN Re

SHUKEN Re

対応業務

リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

千葉県浦安市海楽2-5-35 もっと見る(全2拠点)

対応エリア

千葉県 / 東京都 / 神奈川県

目安の金額

60平米 フルリノベ

780〜1,200万円

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

SHUKEN Reさんのそのほかの住宅事例

Carpenter’s house

マンションリノベーション

600万円 ( 竣工当時の金額 ) / 56㎡ / 築37年

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

手掛けたリノベーション会社

SHUKEN Re

@千葉県ほか全2拠点