大工が職業の施主。専門家たちと一緒に作り上げた住まいに。仕事道具部屋の整理整頓は、誠実な仕事ぶりを想像します。

マンションリノベーション

Carpenter’s house

手掛けたリノベーション会社

設計、施工、監理を担当

Carpenter’s house (造作の家具が並ぶリビングダイニング)

造作の家具が並ぶリビングダイニング

ダイニングテーブル、ワークデスク、本棚は大工さんであるお施主様の造作。味のある家具が映えるよう、ダインング部分はホワイトのクロスでシンプルに仕上げた。

Carpenter’s house (板張り天井が印象的なリビングダイニング)

板張り天井が印象的なリビングダイニング

ホワイトでまとめたダインング部分とは違い、天井や壁にも板を貼り温かみと男らしさをMIXしたリビング。 寝室入り口の格子の扉も印象的。

Carpenter’s house (好きなもので溢れるリビング収納)

好きなもので溢れるリビング収納

天井と壁に同じ木材を貼り、男らしさの中に温かみを持たせたリビング収納。 ギターやレコードをディスプレイしたり、好きなCDや本が並ぶ空間は「THE趣味スペース」ソファに座りながら好きなものを眺められるのも◎

Carpenter’s house (格子扉のあるリビングダイニング)

格子扉のあるリビングダイニング

寝室の扉は格子の引き戸に。格子の隙間から漏れる光が雰囲気を高める。お施主様が古材で造作した家具とも好相性。

Carpenter’s house (斜めの壁の休憩スペース)

斜めの壁の休憩スペース

寝室の壁を斜めに設置することで無駄なスペーススを作らずリビングを最大限使うことができる。 このベンチに座って向かいの建物をぼーっと見るのが好きなのだそう。

Carpenter’s house (見せる収納がついたキッチンカウンター&キッチン)

見せる収納がついたキッチンカウンター&キッチン

冷蔵庫を隠すためのキッチンカウンターにはお酒やフィギュアが並ぶデイスプレイ収納を設置。 キッチンの位置は変えていないがカウンターがあることでLDとのつながりが生まれ、バーカウンターのような雰囲気に。

Carpenter’s house (造作のワークスペース)

造作のワークスペース

リビングダイニングの一角には造作のデスクを置いたワークスペース。正面には絵や写真が飾られ、アートな空間に。 窓に近いので採光はバッチリ!

Carpenter’s house (造作のベッドが置かれた寝室)

造作のベッドが置かれた寝室

リビングを広くとるため最小限にした寝室はにはなんと大工のお施主様が自作した造作のベッドが! スペースは小さくても、格子の扉からはリビングからの光が入る心地よい空間に。

Carpenter’s house (造作の靴収納がある廊下)

造作の靴収納がある廊下

玄関を入るとまっすぐリビングに繋がる廊下。 左手には造作の靴収納、右手には絵が飾られている。

Carpenter’s house (造作の収納棚)

造作の収納棚

白い壁と白い棚板のシンプルな靴収納。 風通しも考え扉は付けず、来客時はロールスクリーンで目隠ができるようになっている。 可動式なので段によって高さを変えたり、棚板を増やしたりすることが可能。

Carpenter’s house (造作洗面化粧台)

造作洗面化粧台

天板と鏡の木材はダークブラウンに統一。 収納は作りこまず扉の開け閉めもないので、取り出しも片付けもワンアクションで済む。

Carpenter’s house (仕事道具置き場)

仕事道具置き場

お施主様の職業は大工さん。玄関脇には仕事道具を置いておける収納部屋を設置。収納内部はお施主様がご自身で棚を付けた。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
6

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けたリノベーション会社

設計、施工、監理を担当

用途

自宅

居住者

単身

所在地

東京都江東区

費用

設計・施工:600万円 ( 竣工当時の金額 )

延床面積

56㎡

施工面積

56㎡

改修規模

フルリノベーション (フルリノベーション)

間取り

3DK → 2LDK

築年数

37年

期間

設計:2ヶ月 、施工:2ヶ月

間取り

リノベーション前

リノベーション後

手掛けたリノベーション会社のコメント

設計、施工、監理を担当

新築当初から住んでいた築37年のマンション。お施主様のご職業が大工さんということもあり、家の中にはいたるところに自作の家具がありました。
2面から光を取り入れ、56㎡とは思えない伸びやかな印象のリビングダイニングには趣味のギターや本、フィギュアが並んでいます。
「好きなものを好きなだけ」置いているのに、見せる(魅せる)収納ですっきりと片付いた住まい。リノベーション×自作の家具で、究極のオリジナル空間をつくり上げたマンションリノベーションです。

家づくりのきっかけ・施主の要望

幼いころから今のおうちに住んでいたというお施主様。何度か引っ越しをして数年家を空けていましたが、引っ越し先から今のお住まいに戻ってきて約3年。「そろそろ壁紙を貼り替えたい」と思い始めたのがリノベーションのきっかけでした。
絵やフィギュアを集めたり、趣味の音楽や読書を心地よい空間で楽しむためにリノベーションを決意されました。

この事例の見どころや工夫したところ

リビングはバルコニー側の2部屋を取り込んで広々とした空間。寝室は極力小さくしベッドと衣類収納が収まる最小の広さに設定しました。リビングから直接寝室にアクセスできるようレイアウトしましたが、寝室の壁を伸ばすと窓に干渉してしまうし、直角に壁を作ると窓際に細長い無駄なスペースができてしまうことが判明…
そこで寝室の壁を斜めに設置することで、リビングを最大&無駄なスペースゼロを実現しました。

施主の感想

TV背面の壁にギターやお気に入りのレコードをディスプレイできるラックを設置したことで、常に好きなものが見えるのがいい!と仰っていました。

事例の進み方

お施主様の自作の家具に合うように空間づくりをしていきました。
大工さんという職業柄、豊富な知識と技術があるのでプランナーや弊社の施工管理と一緒につくり上げていくことができました。

印象に残っていること

床だけでなく壁や天井にも木材を使用したことで、ロッジのような温かみのある空間になりました。冷蔵庫を隠すためのキッチンカウンターにはお酒の間にフィギュアが並び、遊び心たっぷりのCarpenter’s houseになりました。

いい家!
6

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けたリノベーション会社

SHUKEN Re

株式会社SHUKEN Re

SHUKEN Re

対応業務

リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

千葉県浦安市海楽2-5-35 もっと見る(全2拠点)

対応エリア

千葉県 / 東京都 / 神奈川県

目安の金額

60平米 フルリノベ

780〜1,200万円

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

SHUKEN Reさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

手掛けたリノベーション会社

SHUKEN Re

@千葉県ほか全2拠点