その他

D-FLAT / オーナー住戸付き集合住宅

種別:

その他

面積:

866㎡

エリア:

東京都

内容:

北側に向かってなだらかに傾斜した敷地の中で、建物を南側によせることによって、日影と北側斜線をさけた地下1階、地上3階の最大限の大きさを確保している。用途は、地下1階から地上2階までが賃貸住宅、3階がオーナー住宅となっている。全ての階において北側に大きな開口部が設けられているが、隣地との距離は道路幅程度の6M以上として、プライバシーを確保しながら安定採光を得ている。最下階は、床レベルを調整して法規上地下として容積率の緩和を受けている。地下ではあるが1階と変わらない居住性を確保でき、さらに環境を良くするためにRC壁で囲われた駐車スペースとの間をオープンスペースとしている。このスペースは窓先空地を兼ねた地下階4戸のためのアプローチとなっていて、敷地の有効利用を図ると同時に、地被植物を植えて4戸のための庭としている。1、2階は南側に共用廊下をとり、地下階と同様北側採光の住戸としている。構造形式をRC薄肉ラーメンとすることによって、3階のオーナー住宅は、下階のプランの制約を受けない自由な平面計画が可能となっている。北側斜線の厳しい地域において、北側にオープンスペースを設けることは、敷地の有効利用上の効果は大きい。そして、北側隣地との距離、窓先空地のしつらえ、開口部の工夫によって、南側に開く配置と違った快適な居住環境を提供することができる。

Photo Copyright nacasa and partners inc.

Photo Copyright nacasa and partners inc.

Photo Copyright nacasa and partners inc.

Photo Copyright nacasa and partners inc.

Photo Copyright nacasa and partners inc.

Photo Copyright nacasa and partners inc.

Photo Copyright nacasa and partners inc.

Photo Copyright nacasa and partners inc.

Photo Copyright nacasa and partners inc.

Photo Copyright nacasa and partners inc.

Photo Copyright nacasa and partners inc.

この住宅事例を手掛けた建築家

森吉直剛

建築家 / @東京都

クライアントからのご要望として、必要諸室、部屋の大きさ、収納の容量などをお聞きします。これらは重要な「必要条件」です。それに対し私からは理想の住まいについてもお聞きしています。それはクライアントが思い描く生活シーンの中に潜んでいます。たとえば「自然と一体となった」や「家族の気配が感じられる」とか「友人と楽しくすごす週末」などです。私からも新たにイメージを提案して議論していくうちに、クライアント「オリジナルの生活シーン」がみえてきます。それを実現することを「十分条件」として設計をはじめます。まず必要条件を満たしてから十分条件も確保していこうとするのが通常かもしれませんが、逆に十分から必要に戻っていくほうが、クライアントにとってより良い住まいができあがる場合もあります。必要諸室は、子供の成長など時間の経過で変わっていきますが、オリジナルの生活シーンはなかなか色褪せるものではありません。設計中は、模型や図面を元に、クライアントと何度も対話し、確認しながら決めていきます。最終的にクライアントとの共作として、必要機能を満たしながら、クライアントオリジナルの「生活環境」を、現場監理も通して確実に実現していくことが私の役割であると考えています。

森吉直剛

建築家 / @東京都

森吉直剛さんの住宅事例