注文住宅

小松島の家 / 「間」に住まう

小松島の家 / 「間」に住まう (リビング、テラス)

リビング、テラス

小松島の家 / 「間」に住まう (外観、テラス)

外観、テラス

小松島の家 / 「間」に住まう (外観、テラス)

外観、テラス

小松島の家 / 「間」に住まう (玄関アプローチ)

玄関アプローチ

小松島の家 / 「間」に住まう (ダイニング、リビング、テラス、音楽室)

ダイニング、リビング、テラス、音楽室

小松島の家 / 「間」に住まう (テラス、リビング)

テラス、リビング

小松島の家 / 「間」に住まう (リビング、テラス、音楽室)

リビング、テラス、音楽室

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理

用途

自宅

居住者

夫婦・カップル

所在地

徳島県小松島市

敷地面積

772㎡

延床面積

163㎡

階数

2階建て

間取り

その他

期間

設計:7ヶ月 、施工:7ヶ月

完成時期

1999年11月

敷地内それぞれの場所で自然との関係を読みとり、その場所に相応しい諸室を自然との繋がりを持たせる開口、テラスを設けて配置した。そして、これら諸室を緩やかに繋げていくこと、すなわち個々の室からは、また別の室が窓、テラス、庭、屋根架構等を通して感じられるように構成している。

このように自然との「間」、空間と空間との「間」に住まうことがこの場所に相応しいと考えた。これら2つの「間」と共に、記憶との「間」という要素も加えた。

敷地は住み手の生家があった場所でもあり、老朽化し解体することとなった母屋の材料(瓦、柱、梁、建具、基礎御影石)を一部保存し、また思い出のある木々を残し各空間に再利用している。自然、空間、記憶の「間」に住まう住宅である。

受賞歴

2003年 木の国日本の家デザインコンペ優秀賞受賞

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

東京都中央区銀座1-3-3東亜ビル10F

対応エリア

茨城県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 徳島県

目安の金額

30坪 新築一戸建て

2,400〜6,000万円

60平米 フルリノベ

900〜2,400万円

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

森吉直剛さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

森吉直剛

建築家 / @東京都