注文住宅

中野の家

内容:

最低限高度7mの住宅密集地に、不接道のため建築審査会を経て建てられた住宅です。
7mのキューブは中庭を囲い込み、その中庭と呼応するように階段周りに配された部屋は、透過性のある引き込み建具の開閉によりワンルームからL・DK、階段、サービス、トイレ、書斎までの細分節が可能で、季節や気分に応じた多様なシークエンスを生み出しています。白い外壁は隠された敷地の表徴であり、吹抜けを介して内部となりインテリアと連続しています。