注文住宅

SBD25

面積:

211㎡

実施時期:

竣工 : 2012年5月

内容:

建主は北欧のヴィンテージモダンファニチャーや寝具等の輸入販売を展開する実業家。アルネヤコブセンやポールケアホルムなど、北欧モダン家具とコレクションしている現代美術に調和する端正なコンクリートの空間が求められました。
敷地のあるソウル北部の城北区城北洞は由緒ある韓屋や城郭などの史跡が点在する韓国屈指の高級住宅街。各国の大使館などが集約するこのエリアには、多くのアーティストも居住しています。
建蔽率30%、容積率60%という厳しい法的条件をクリアするため地下全面を有効に活用し、上層階は韓国のマダ(中庭)のようなコートハウスとすることでミクロコスモス(小宇宙)を表現しました。ファサードの大開口から眺める絶景は生活に彩りを与え、中庭との中間領域をつくりあげています。
周辺敷地ではプロジェクトが同時進行しているため、建築が街全体の財産となるように意識しながら設計を進めています。ソウルの住宅第一弾です。

■DATA
所在地:韓国ソウル城北区城北洞
竣工 :2012年5月
敷地面積 :371.91㎡(112.50坪)
建築面積 :110.20㎡(33.33坪)
B1F床面積 :276.19㎡(83.54坪)
1F床面積 :110.20㎡(33.33坪)
2F床面積 :110.20㎡(33.33坪)
延床面積 :211.98㎡(64.12坪)
構造 :鉄筋コンクリート壁式構造
規模 :地下1階地上2階建
用途 :専用住宅

この住宅事例を手掛けた建築家

黒崎敏

建築家 / @東京都

建築には安全性や機能性、意匠性などが求められますが、それだけで十分とは言えません。我々建築家が創り上げる空間には、何よりクライアントや社会が求める豊かな精神性を表現しなければならないと考えています。  人間や自然、あらゆる人工物との関わりの中から導き出される空間は、社会や環境と結び付きながら時代と共に緩やかに進化し、それに呼応するように人々も変化を遂げます。このようなゆらぎのある生命体との共存こそが建築の本質的な役割であり、設計における導線のあり方や光の扱い方、風の導き方や素材の選択手法などのデザインを決定付ける大きな要因となることでしょう。  大胆さと繊細さの両極を意識し、人間としての視野を広げ、洞察を深めながら、時に流されることのない品格のある建築を目指して、一つひとつの建築に丁寧に向かい合いたいと思います。

黒崎敏

建築家 / @東京都

黒崎敏さんの住宅事例