注文住宅

STILL

エリア:

千葉県四街道市

実施時期:

竣工 : 2012年5月予定

内容:

外科医のご主人と奥様が日常のハードワークで疲れた体を癒す空間を求めて購入した土地は街道沿いに面した100坪ほどの整形地。求められたのは3人のお子さん達と共に生活する大らかな空間だ。
大型車が行き交うため安全を考慮し、前面道路から建物はセットバックされ、3台分の駐車場として活用している。また遮音性能の高いRC造とし、開口部は最小限に抑えることで騒音問題も十分にクリアすることができた。
クライアントが100坪の敷地にこだわったのは家の中心に大きなシンボルツリーのある中庭を望んでいたため。そこで、玄関ドアの正面に紅葉を眺めるエントランスコート、中廊下を挟んだ反対側にはメインコートを、そして敷地奥にもバスコートを設けることで様々な庭の表情を楽しむことができる。
道路面から最も離れた1階奥には寝室と水廻りを設け、シンボルツリーを眺めながらと1日の疲れを癒すことができるようにした。寝室横には家でも仕事ができるよう本格的な書斎を設け、エントランスコートに面して設えた和室では床座を楽しみながらリラックスができるようメリハリを考慮した。
2階に設けたファミリールームは大きな一室空間とし、両側がフルハイトのガラスで覆われているペントハウスのような空間。中廊下を介して対面には子供達のための空間とスタディースペースを設え、将来は個室で仕切ることもできるよう計画されている。母屋と離れのような二つの空間を中廊下とルーフバルコニーで接続することで、内外を横断しながら回遊性のある空間を堪能することができるのがこの住宅の特徴である。

■DATA
敷地面積:356.43㎡(107.81坪)
建築面積:143.23㎡(43.32坪)
1F床面積:91.62㎡(27.71坪)
2F床面積:124.52㎡(37.66坪)
延床面積:216.14㎡(65.38坪)
構造:壁式鉄筋コンクリート構造
規模:地上2階
用途:専用住宅

この住宅事例を手掛けた建築家

黒崎敏

建築家 / @東京都

建築には安全性や機能性、意匠性などが求められますが、それだけで十分とは言えません。我々建築家が創り上げる空間には、何よりクライアントや社会が求める豊かな精神性を表現しなければならないと考えています。  人間や自然、あらゆる人工物との関わりの中から導き出される空間は、社会や環境と結び付きながら時代と共に緩やかに進化し、それに呼応するように人々も変化を遂げます。このようなゆらぎのある生命体との共存こそが建築の本質的な役割であり、設計における導線のあり方や光の扱い方、風の導き方や素材の選択手法などのデザインを決定付ける大きな要因となることでしょう。  大胆さと繊細さの両極を意識し、人間としての視野を広げ、洞察を深めながら、時に流されることのない品格のある建築を目指して、一つひとつの建築に丁寧に向かい合いたいと思います。

黒崎敏さんの住宅事例

黒崎敏さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード