注文住宅

ATOM

面積:

145㎡

エリア:

東京都杉並区松ノ木

実施時期:

2008年7月

内容:

30代の建主は、某大手通販会社の企画戦略マネージャーであるご主人と、外資系企業のマネージャーを勤める奥様。普段はとても忙しいお2人ですが食事は手を抜きません。毎日の食材を築地市場で仕入れるほどの食通カップルなのです。

家を建てるにあたり、探し出した土地は、杉並区の閑静な住宅街の中にある旗竿敷地でした。一見ネガティブなイメージのある旗竿状の敷地ですが、むしろお二人は自分達の小宇宙を作れそうだとポジティブにとらえ、購入を決意しました。夫婦ともに大好きな趣味である大相撲を見ながら、七輪で新鮮なお魚やお肉を炙り、日本酒やワインを心ゆくまで楽しむ。そのような生活を夢見て、中庭やダイニングキッチンも充実させました。

加えて2人の共通の趣味であるドラム演奏もできるよう防音機能のある小さなスタジオも完備。プライバシーも配慮した高性能都市住宅です。

2009年日本建築家協会優秀建築選200受賞

■DATA
敷地面積 :177.82㎡(53.79坪)
建築面積 :84.88㎡(25.67坪)
1F床面積 :67.22㎡(20.33坪)
2F床面積 :49.27m2㎡(14.90坪)
延床面積 :145.09㎡(43.88坪)
構造 :鉄筋コンクリート壁式構造
規模 :地上2階建
用途 :専用住宅

この住宅事例を手掛けた建築家

黒崎敏

建築家 / @東京都

建築には安全性や機能性、意匠性などが求められますが、それだけで十分とは言えません。我々建築家が創り上げる空間には、何よりクライアントや社会が求める豊かな精神性を表現しなければならないと考えています。  人間や自然、あらゆる人工物との関わりの中から導き出される空間は、社会や環境と結び付きながら時代と共に緩やかに進化し、それに呼応するように人々も変化を遂げます。このようなゆらぎのある生命体との共存こそが建築の本質的な役割であり、設計における導線のあり方や光の扱い方、風の導き方や素材の選択手法などのデザインを決定付ける大きな要因となることでしょう。  大胆さと繊細さの両極を意識し、人間としての視野を広げ、洞察を深めながら、時に流されることのない品格のある建築を目指して、一つひとつの建築に丁寧に向かい合いたいと思います。

黒崎敏

建築家 / @東京都

黒崎敏さんの住宅事例