注文住宅

LATTICE

エリア:

東京都台東区

実施時期:

竣工:2013年3月

内容:

ファサードが前面木製ルーバーで覆われたこの住宅は東京の東部に建つ単身者の住まい。間口が狭く、奥行きが深い鰻の寝床のような敷地に対し、大型車一台分のピロティガレージを確保するためにRC薄肉ラーメン構造を採用した。
中央を貫く折り返しのストリップ階段により手前と奥の空間が緩やかに繋がり、上階には吹き抜けを介したスキップフロアによる立体的な構成が浮かび上がる。ペントハウスの開口部から降り注ぐ光のシャワーが閉鎖的な都市空間の中に充満し、ブルータルな空間に深い陰影を刻んでいる。

■DATA
敷地面積 :44.57㎡(13.48坪)
建築面積 :34.18㎡(10.34坪)
1F床面積 :29.09㎡(8.80坪)
2F床面積 :34.18㎡(10.33坪)
3F床面積 :34.18㎡(10.33坪)
PHF床面積 :3.99㎡(1.20坪)
延床面積 :101.44㎡(30.68坪)
構造 :RC薄肉ラーメン構造
規模 :地上3階建+PH
用途 :専用住宅

この住宅事例を手掛けた建築家

黒崎敏

建築家 / @東京都

建築には安全性や機能性、意匠性などが求められますが、それだけで十分とは言えません。我々建築家が創り上げる空間には、何よりクライアントや社会が求める豊かな精神性を表現しなければならないと考えています。  人間や自然、あらゆる人工物との関わりの中から導き出される空間は、社会や環境と結び付きながら時代と共に緩やかに進化し、それに呼応するように人々も変化を遂げます。このようなゆらぎのある生命体との共存こそが建築の本質的な役割であり、設計における導線のあり方や光の扱い方、風の導き方や素材の選択手法などのデザインを決定付ける大きな要因となることでしょう。  大胆さと繊細さの両極を意識し、人間としての視野を広げ、洞察を深めながら、時に流されることのない品格のある建築を目指して、一つひとつの建築に丁寧に向かい合いたいと思います。

黒崎敏

建築家 / @東京都

黒崎敏さんの住宅事例