注文住宅

ワンフロアワンルームの木造住宅|小平の家

面積:

109㎡

エリア:

東京都

実施時期:

2011

内容:

敷地は、北側道路に面しており、南面、東西面は隣家が迫っている場所です。
このような密集した住宅街では、1階に窓を設けても隣家の建物の影響で室内を明るくすることが難しいものです。
一方で、古びた色調を好み、かつ、明るい室内であることが建主のリクエストでした。
その要望に応えるために、吹抜部分から光を取り込み、しっくい壁や栗フローリングなどのテクスチュアが際立つような計画としました。

果たして、南に面した吹抜から陽光が家の奥まで射し込み、明るい家とすることができました。

間取りは、おおらかな家族のスタイルに合わせています。

具体的には、客人が泊まるための和室は、常時は2枚の戸を引込みリビングと一体化させて使えるようになっています。
キッチンはオープンなペニンシュラ形式。キッチン脇の洗面室も引込み戸を使い、床のテラコッタタイルを連続させて、リビング・ダイニングがボーダーレスに各室に繋がっていくことを意識しています。言い換えれば、おおらか家族にマッチしたワンフロアワンルーム住宅になっているのです。

引戸で仕切る洗面室と家事室。

隣に住宅が迫る南側に大きく吹抜けを取り、その高窓から陽光を取り込むようにしている。

右奥の洗面室までタイルが伸びる。

この住宅事例を手掛けた建築家

白崎泰弘・治代

建築家 / @東京都

シーズ・アーキスタディオは、機能的でありながら、住み手の心に響くデザインを心がける一級建築士事務所です。 建築家 白崎泰弘・白崎治代のパートナーシップにより設計をしています。 男女両方の目線から設計し、木造や鉄筋コンクリート造といった構造は案件ごとに相応しいものを提案するのが私たちの特徴です。