マンションリノベーション・リフォーム

裁縫スペースのある家 浦和マンションリノベーション

裁縫スペースのある家 浦和マンションリノベーション (タイルとアーチがアクセントになったキッチン)

タイルとアーチがアクセントになったキッチン

タイルとアーチがアクセントになったキッチン。アーチ奥はパントリーと冷蔵庫、回遊もできて使い勝手も良く。

裁縫スペースのある家 浦和マンションリノベーション (木と珪藻土のバランスが心地よいLDK)

木と珪藻土のバランスが心地よいLDK

木と珪藻土の温もりに包まれて、明るくの広々としたLDK。裁縫スペースもある楽しい場に。

裁縫スペースのある家 浦和マンションリノベーション (アールやアーチがやさしい印象を与えるキッチン。)

アールやアーチがやさしい印象を与えるキッチン。

アールやアーチがやさしい印象を与えるキッチン。白い珪藻土の壁に桜のカウンターとアメリカンチェリーの建具が映えます。

裁縫スペースのある家 浦和マンションリノベーション (裁縫スペースのあるLDK)

裁縫スペースのあるLDK

サワラのフローリングが美しいLDK。収納は適所に配しつつ目立たずスッキリと。

裁縫スペースのある家 浦和マンションリノベーション (ヘリンボーン貼のモザイクタイルがきれいな洗面室)

ヘリンボーン貼のモザイクタイルがきれいな洗面室

ヘリンボーン貼のモザイクタイルがきれいな洗面室。桜のカウンターと実験流しに壁付の水栓金具を合わせました。

裁縫スペースのある家 浦和マンションリノベーション (お気に入りのモザイクタイルが出迎えてくれる玄関)

お気に入りのモザイクタイルが出迎えてくれる玄関

かわいいモザイクタイルとお気に入りの色の洋風ドアが迎えてくれる広々とした玄関。

裁縫スペースのある家 浦和マンションリノベーション (こだわりの洋風扉)

こだわりの洋風扉

低い天井に合せてバランス良くデザインした洋風扉。 ウォーターガラスや真鍮製ドアノブ、マットな塗料までこだわり抜いた扉は、ピンスポットライトで照らされて我が家の顔のひとつに。

裁縫スペースのある家 浦和マンションリノベーション (障子越しのやわらかな光が心落ち着かせる和室)

障子越しのやわらかな光が心落ち着かせる和室

和紙貼り天井と藁スサ入りの漆喰壁の静謐な和室。 磨き丸太と障子越しのやわらかな光が心を落ち着かせてくれます。

裁縫スペースのある家 浦和マンションリノベーション (風通しの良い寝室が欲しい。)

風通しの良い寝室が欲しい。

吊押入れの向こうは裁縫スペース。サワラのフローリングに反射した光が和室をやさしく照らします。

裁縫スペースのある家 浦和マンションリノベーション (収納を感じさせないスッキリとした廊下)

収納を感じさせないスッキリとした廊下

たくさんの扉がある廊下。引き戸で本棚を隠したり、建具の取手を工夫することでスッキリとした印象に。

裁縫スペースのある家 浦和マンションリノベーション (幅1.2mの本棚と0.73mの収納が隠れている廊下)

幅1.2mの本棚と0.73mの収納が隠れている廊下

たくさんの扉がある廊下。引き戸で本棚を隠したり、建具の取手を工夫することでスッキリとした印象に。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理, 土地・物件探し

用途

自宅

所在地

埼玉県さいたま市

費用

設計・施工:1040万円

延床面積

73.8㎡

施工面積

73.8㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム (フルリノベーション)

間取り

3LDK → 2LDK

築年数

32年

期間

設計:6ヶ月 、施工:3.5ヶ月

完成時期

2018年10月

施工会社

吉田建築

間取り

リノベーション前

リノベーション後

ご夫婦が暮らす、築30年超の中古マンションリノベーションです。
たくさん内覧された物件の中から、特に気にいられたマンションには同行して、各物件ごとの特徴やリノベーション方法、間取りの可能性についてアドバイスさせていただきました。

家づくりのきっかけ・施主の要望

・LDKをひとつなぎにしつつ、台所は半オープンにしたい。
・台所は2人使用、回遊性をもたせて周辺にパントリーが欲しい。
・南北の風通しをよくして、居心地のよい部屋に。
・自然素材を活かしつつ、一部アクセントでタイルやペンキ仕様も。
・造作による裁縫スペース(掘り込み式ミシン台を造作)
・アメリカンスイッチを採用したい

この事例の見どころや工夫したところ

リビングドアの位置、リビングと和室とのつながりを工夫することで、マンション住戸南側の明るく心地良い環境を、住戸全体に取り込めるよう通風にも配慮して計画しています。
L・D・Kの動線まわりに生まれる各スペースは、キッチンカウンターやアーチ枠、R壁、天井木部造作や照明計画によって、一体的にデザインしながらも各部にアクセントをもたせることで緩やかに分節され、それぞれに異なった居心地の良い楽しいくつろぎのスペースに。

施主の感想

お住まいになって数ヶ月経ってから、家にいるだけで楽しくて仕方がなく高揚感がまだまだ続きそうですとうれしいお言葉を頂きました。

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

櫛田 弘毅

櫛田 弘毅

『木と自然素材』を活かして『暮らし+家族+楽しむ』を大切に

所在地

埼玉県さいたま市浦和区駒場1-27-13 松井ビル201

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

櫛田 弘毅さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

櫛田 弘毅

建築家 / @埼玉県