マンションリフォーム・リノベーション

減室リノベーションで素材と質感を楽しむ

費用:

250万円

実施エリア:

東京都品川区荏原

実施時期:

2015年12月

延床面積:

20平米

築年数:

45年

内容:

目黒区と品川区の境界にある荏原。コンクリートのあらわしと造作カウンターが特徴的なRCマンションのリフォーム・リノベーションです。
素材を生かしたつくりが力強く、マニッシュな印象を与えます。ただ無機質になり過ぎないよう、壁や天井一部に塗装を施し、素材の変化で空間のバランスを整えています。
ヴィンテージチェリーの床材に合わせて同色のオイルステインで仕上げたカウンターのサイズは、W1100×D600。大きすぎず小さすぎず、ほど良いサイズ感でキッチンと居室を区切り、生活の中心になってくれるでしょう。
以前はそれぞれ約4帖の居室が縦に並ぶ間取り。使い方が限られ、どこか閉鎖的な印象がありました。その二部屋をつなぎ、自由に使える間取りへ変更。視界が広がり、独特な表情のコンクリートと無造作にあらわれた剥き出しの配管が目を楽しませてくれます。
水回りに用いたパーツも、居室のトーンと合わせてコーディネートされ、ラフな素材や質感の演出で毎日が楽しくなるような、そんなリフォーム・リノベーション空間へと仕上がりました。

この専門家のプロジェクト一覧