マンションリフォーム・リノベーション

シェルフでつながる

面積:

50㎡

費用:

693万円

築年数:

32年

エリア:

東京都豊島区西池袋

実施時期:

2013年12月

内容:

【リビングからキッチンへ繋がる壁一面のシェルフ】
主要3部屋に繋がりを持たせて、広々としたオープン空間をつくる2LDKプラン。
キッチンはたっぷりと広さを設けてフルフラット型へ変更。さらにリビングからつづく二段シェルフが、よりシームレスな空間を感じられる演出となっています。テレビや写真立てはもちろん、食器やトースターなどのキッチン用品も同じ線上に配置できるため、視線が安定し動作が一ヶ所で行えます。
ものを並べても端正な印象を保て、市販家具を用いたときのような“縛り感”もなく、背部のバックヤードをたっぷりと使いつつ、日常の必需品を自由にディスプレイしていくイメージを楽しめるようになっています。

【「閑散とした」広さではなく「あたたかい」広がり】
リビングダイニングと居室間のガラス戸を使えば、来客時のプライベートも十分に確保できます。
やさしい淡色のフローリングで全体を統一しつつ、洗面やキッチンなどをタイル張りにし、水廻りの耐久性を向上させながらさりげなくゾーニングの効果もプラス。
間接照明のふくよかでやさしいコントラストに包まれれば、よりいっそう奥行きと落ち着きを感じられるでしょう。
家に帰ったときに感じたいのは、“閑散とした広さ”ではなく、“あたたかい広がり”。
2LDKのどこにいても「つながっている」、そんな家族のコミュニケーションを実感できる空間に仕上がりました。

このプロジェクト事例を手掛けたリフォーム・リノベーション会社

Cuestudio(キュースタジオ)

リフォーム・リノベーション会社 / @東京都

Cuestudio(キュースタジオ)は、“住まいと人”に合わせたご提案をし、お住まいの購入からお引渡しまでワンストップでお手伝いするサービスをご提供しています。 住まいづくりは本来楽しいもの。どのような工事内容でも専属担当コンサルタントが必ず一名つき、窓口の分散やストレスを減らして、魅力を感じられるサポート体制を整えています。さらに転貸や住み替え時の売却のお手伝いも。 「工事したら終わり」ではなく、「工事してから始まる」そんな未来のイメージを大切にし、ずっと身近な存在であり続けたいと考えています。

Cuestudio(キュースタジオ)

リフォーム・リノベーション会社 / @東京都

この専門家のプロジェクト一覧

この専門家のそのほかのプロジェクト

このプロジェクト事例に関連するキーワード