マンションリノベーション・リフォーム

ナチュラル×プレーン。日の当たる幸せリビング

ナチュラル×プレーン。日の当たる幸せリビング (対面式キッチン)

対面式キッチン

ナチュラル×プレーン。日の当たる幸せリビング (対面式キッチン)

対面式キッチン

ナチュラル×プレーン。日の当たる幸せリビング (リビング(引き戸閉め))

リビング(引き戸閉め)

ナチュラル×プレーン。日の当たる幸せリビング (リビング(引き戸開け))

リビング(引き戸開け)

ナチュラル×プレーン。日の当たる幸せリビング (ベッドスペース)

ベッドスペース

ナチュラル×プレーン。日の当たる幸せリビング (ベッドスペース2)

ベッドスペース2

ナチュラル×プレーン。日の当たる幸せリビング (廊下からリビング)

廊下からリビング

ナチュラル×プレーン。日の当たる幸せリビング (サニタリールーム)

サニタリールーム

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 施工, 監理, プロデュース・コーディネート

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

東京都世田谷区奥沢

費用

設計・施工:759万円

延床面積

67.47㎡

施工面積

67.47㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム (フルスケルトン・リノベーション)

間取り

3LDK → 3LDK

築年数

42年

期間

設計:1.5ヶ月 、施工:1.5ヶ月

完成時期

2018年04月

設計会社

Cuestudio

施工会社

Cuestudio

間取り

リノベーション後

【壁を引戸に、キッチンを対面式に。いつでも明るく自由度の高いリビングが家族の暮らしの中心】

バルコニーの他、大きなルーフバルコニーが特徴的な、ファミリーマンションのリノベーションです。
間取りは以前と同じ3LDK。しかし以前は5.8帖のお部屋とリビングの間が壁で仕切られており、バルコニー掃きだし窓の明かりが遮られ、せっかくの2面採光の恩恵も中央のリビングスペースでは受けることができない状態でした。
そこで、間仕切り壁をフレキシブルに使うことのできる引戸へ変更。
それによって、ルーフバルコニーの面、バルコニーの面、両方から光を取り込むことができるようになり、いつでも明るいリビングとなりました。
お部屋を以前と同じく個室として使いたい場合は閉めるなど、シーンによって切り替えられるのは、「部屋数を犠牲にしたくない、けどみんなが集まれる大きなリビング空間も捨てがたい」という、特にファミリータイプの方に多いご要望にうってつけのリノベーションといえるでしょう。
さらに部屋隅に位置していた壁付けのキッチンを、対面式に変えているので、上述の明るさや家族の会話をいつでも楽しむことができるようになっています。
ナラ樫の明るい床材とダークグレーのアクセントが対照的です。

フルスケルトンからのリノベーションなので、主要な設備や見えない部分もしっかりリニューアル。
今後も永く暮らしていけるように、家族にあわせて形を変えられる、作りこみすぎない“プレーン”なリノベーション住まいとなりました。

リノベーション前の写真

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けたリノベーション・リフォーム会社

Cuestudio(キュースタジオ)

Cuestudio(キュースタジオ)

つくる × 楽しむ = 暮らしがかわる。

所在地

東京都目黒区鷹番2-5-21

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

Cuestudio(キュースタジオ)さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

Cuestudio(キュースタジオ)

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都