2017年08月28日更新

リノベーションHOW TO(リノベーション体験談)

470万円で実現した贅沢。都心のど真ん中にある屋上テラスがグランピング&プールに!【自分らしい住まい実現ストーリー】

ご自宅のマンションの屋上テラスを家族みんなで楽しめる場にしたかったというAさん。検索や知人友人の紹介で10社程度の会社から提案を受けたもののなかなか納得行かず、SUVACOの専門家紹介サービスを利用して、Cuestudio(キュースタジオ)の手間ひまをかけた提案を見て、依頼することに。最終的には大人も子どもも楽しめるイメージ通りの空間を完成させました。


どんなテラスにしたかったのですか?

【ご要望】
・暖かい時期や暑い時期に子どもたちをプールで遊ばせながら、大人は日陰でくつろぎながら水遊びを見守ることができる機能
・イメージは砂漠のオアシスの横に設営された遊牧民キャンプ的なもの

【profile】
・お住まい:東京都渋谷区
・家族構成:夫、妻、長男、長女
・当初の予算:200万〜300万円
・費用:470万円
・依頼先:Cuestudio(キュースタジオ)

その他事例「マンション最上階のルーフテラスで都心の眺めを楽しむテント&展望プール」

リノベーションをすることにしたきっかけは何ですか?

購入したマンションに、そこそこ広さのある専用屋上テラスが付属していました。このような恵まれた物件にめぐりあえて幸いだったので、何か家族が皆で楽しめるような仕掛けを屋上に作りたいと考えました。特に妻が特定のイメージをもってそれを実現したいと考えていました。

その他事例「マンション最上階のルーフテラスで都心の眺めを楽しむテント&展望プール」

今回ご契約された依頼先に決めた理由は何ですか?

検索経由や他のリフォームサイト経由、知人紹介で知った合計10社弱から初期提案を受けました。これらの会社の初期提案はすべて、私が言及した要素(ウッドデッキ、プール、日よけ)を単にパーツとして入手可能な既成品で組み合わせて(場合によっては一部要素が抜けていたり)持ってきただけでがっかりでした。

それに対し、キュースタジオさんだけは、私が言及した要素を楽しめる形で実現するにはどうしたら良いか考えて、屋上グランピングというコンセプトをオリジナルで低コストで作る提案を、手間をかけて作ってこられました。しかも模型付きです。

実際、一緒にプロジェクトを半年進めて、顧客の生活を彩ることに対して終始とても熱心なチームだと思いました。施工時に連れて来てくださった職人さんたちも同様の気持ちをもっていて、ご一緒できて楽しかったです。

その他事例「マンション最上階のルーフテラスで都心の眺めを楽しむテント&展望プール」

【キュースタジオのコメント】
(初めにAさんの要望を聞いたとき)やりがいのあるプロジェクトになるとワクワクしました。

また、東京のど真ん中のマンションの屋上に、グランピング空間と屋上プール。
さらに屋上プールに橋を付けたい。こんなことをご検討される方に巡り会えたのがとても嬉しかったのを覚えております。

どのような間取り・プランを希望されましたか?

具体的には…
・暖かい時期や暑い時期に子どもたちをプールで遊ばせながら、大人は日陰でくつろぎながら水遊びを見守ることができる機能
・砂漠のオアシスの横に設営された遊牧民キャンプ的なものをイメージしている
と伝えました。

初期提案は、既成品の屋外対応ジャグジーをウッドデッキで囲い、アウトドア用品を組み合わせて簡易テント的なタープを設置するという内容でした。

プールについては大きめのFRP製プールをメーカーから購入して塗装しなおす案に落ち着きました。日よけについては、その後様々なテントの形態を検討して二転三転した結果、工事用単管を骨組みにして店舗用オーニングの生地をオーダー縫製してベドウィン(北アフリカ遊牧民)風テントを作成する案に落ち着きました。

最終的にはベドウィン(北アフリカ遊牧民)風テントのイメージをそこそこのコストで実現できたことが決め手でした。

その他事例「マンション最上階のルーフテラスで都心の眺めを楽しむテント&展望プール」

住んでみていかがですか?ご自慢のところは?

子どもたちの楽しみと大人のくつろぎをうまく両立させて、ビジュアル的にもとても綺麗に出来上がっているところ。うちに来たお客さんたちは皆びっくりされます。「都会の真ん中にこんな場所があるとは!」と。

完全にイメージ通りで楽しいため、今後ここから引っ越せなくなってしまいます。

その他事例「マンション最上階のルーフテラスで都心の眺めを楽しむテント&展望プール」

大変だったことや、不安だったことは?

テント部分に既成のアウトドア用品を使ってしまうと耐久性、耐風性の要件を満たせず、デザイン的な要求を満たすのも難しかったので、強度の高いものをオリジナルで設計する必要がありました。

ただし、マンションの定期補修に対応するために置き型にするという要件もあり、強度と撤去可能性とコスト面の両立がチャレンジでした。

その他事例「マンション最上階のルーフテラスで都心の眺めを楽しむテント&展望プール」

【キュースタジオのコメント】
素材選びには苦心しました。屋上に建てるということでしたので、経年変化にも対応でき、強度的(日陰にする建物にはハンモックを付けたいというご希望もありました)にも対応できる素材で、かつ初めのコンセプトである「モロッコテント」というデザイン性も満たし、予算的に合うものを探すのがたいへんではありました。

また、様々な角度から打ち合わせを詰めていく時に、お客様の考えと私達のご提案がミスマッチを起こさないよう、ハズれてしまわないように進めていく事に注力しました。

これからリノベーションする人へ向けて

依頼する側として、大事にしたいイメージやコンセプトをもっておくこと。そして、それを活かしてくれる能力とパッションのある工務店に出会うのが成功の鍵だと思います。

その他事例「マンション最上階のルーフテラスで都心の眺めを楽しむテント&展望プール」

【キュースタジオのコメント】
このような素晴らしいプロジェクトをご検討いただき、また工事を行わせていただきまして本当に感謝しております。

今後も新たな発想で何かございましたら、ご協力させていただきます!

リノベーション・リフォーム会社 Cuestudio(キュースタジオ)

Cuestudio(キュースタジオ)

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都

Cuestudio(キュースタジオ)は、“住まいと人”に合わせたご提案をし、お住まいの購入からお引渡しまでワンストップでお手伝いするサービスをご提供しています。 住まいづくりは本来楽しいもの。どのような工事内容でも専属担当コンサルタントが必ず一名つき、窓口の分散やストレスを減らして、魅力を感じられるサポート体制を整えています。さらに転貸や住み替え時の売却のお手伝いも。 「工事したら終わり」ではなく、「工事してから始まる」そんな未来のイメージを大切にし、ずっと身近な存在であり続けたいと考えています。


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた写真

  • リビング
  • リビングダイニング
  • 吹き抜けのリビング
  • room04
  • 玄関土間
自分らしい家、誰とつくる?