マンションリノベーション・リフォーム

築51年の1DKを土間と吊戸で区切るアクティブな空間づくり

面積:

28㎡

築年数:

51年

エリア:

東京都目黒区鷹番

実施時期:

2016年10月

内容:

築51年の築古マンションの一室を土間と吊戸で生活スペースを振り分けたリノベーションです。
玄関から続く土間が前面の造作棚、さらに天井のアクセントカラーへと繋がり、縦のラインが強調された空間になっています。土間の左右は吊戸となっており、吊戸を閉めた状態では、プライベートを一切見せることなく“エントランスホール”として機能し、靴のまま使用するなど、室内ながらアクティブな使い方もできるつくりです。
反対に、土間の左右の吊戸を開け放つと抜けのよいワンルームとなり、気持ちよい風や光が行き来するリラックススペースとして使うことができるようになっています。用途やシーンによって様々な使い方ができるアレンジ幅を備えたリノベーション空間となっています。

この住宅事例を手掛けたリノベーション・リフォーム会社

Cuestudio(キュースタジオ)

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都

Cuestudio(キュースタジオ)は、“住まいと人”に合わせたご提案をし、お住まいの購入からお引渡しまでワンストップでお手伝いするサービスをご提供しています。 住まいづくりは本来楽しいもの。どのような工事内容でも専属担当コンサルタントが必ず一名つき、窓口の分散やストレスを減らして、魅力を感じられるサポート体制を整えています。さらに転貸や住み替え時の売却のお手伝いも。 「工事したら終わり」ではなく、「工事してから始まる」そんな未来のイメージを大切にし、ずっと身近な存在であり続けたいと考えています。

Cuestudio(キュースタジオ)

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都

Cuestudio(キュースタジオ)さんの住宅事例

Cuestudio(キュースタジオ)さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード