マンションリノベーション・リフォーム

築51年の1DKを土間と吊戸で区切るアクティブな空間づくり

築51年の1DKを土間と吊戸で区切るアクティブな空間づくり (土間スペースからの眺め(吊戸を開いた状態))

土間スペースからの眺め(吊戸を開いた状態)

築51年の1DKを土間と吊戸で区切るアクティブな空間づくり (ルーム(土間右側))

ルーム(土間右側)

築51年の1DKを土間と吊戸で区切るアクティブな空間づくり (ダイニング(土間左側))

ダイニング(土間左側)

築51年の1DKを土間と吊戸で区切るアクティブな空間づくり (テレビボード造作棚のあるダイニング(吊戸右側を閉じた状態))

テレビボード造作棚のあるダイニング(吊戸右側を閉じた状態)

築51年の1DKを土間と吊戸で区切るアクティブな空間づくり (採光性のある洗面スペース)

採光性のある洗面スペース

築51年の1DKを土間と吊戸で区切るアクティブな空間づくり (玄関から繋がる土間廊下スペース(吊戸を閉じた状態))

玄関から繋がる土間廊下スペース(吊戸を閉じた状態)

築51年の1DKを土間と吊戸で区切るアクティブな空間づくり (土間スペース)

土間スペース

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

用途

自宅

所在地

東京都目黒区鷹番

延床面積

28㎡

改修規模

部分リノベーション・リフォーム

間取り

1DK

築年数

51年

間取り

リノベーション後

築51年の築古マンションの一室を土間と吊戸で生活スペースを振り分けたリノベーションです。
玄関から続く土間が前面の造作棚、さらに天井のアクセントカラーへと繋がり、縦のラインが強調された空間になっています。土間の左右は吊戸となっており、吊戸を閉めた状態では、プライベートを一切見せることなく“エントランスホール”として機能し、靴のまま使用するなど、室内ながらアクティブな使い方もできるつくりです。
反対に、土間の左右の吊戸を開け放つと抜けのよいワンルームとなり、気持ちよい風や光が行き来するリラックススペースとして使うことができるようになっています。用途やシーンによって様々な使い方ができるアレンジ幅を備えたリノベーション空間となっています。

リノベーション前の写真

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けたリノベーション・リフォーム会社

Cuestudio(キュースタジオ)

Cuestudio(キュースタジオ)

つくる × 楽しむ = 暮らしがかわる。

所在地

東京都目黒区鷹番2-5-21

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

Cuestudio(キュースタジオ)さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

Cuestudio(キュースタジオ)

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都