マンションリノベーション・リフォーム

子どもの小上がりのある家 すくすくリノベーションvol.9

築年数:

47年

エリア:

東京都世田谷区

実施時期:

2016年

内容:

築46年のマンションリノベーションです。

既にリノベーション後の物件を購入。内装的には新築と変わらないほどきれいな状態でした。

そのままで使えるような部分は極力残すようにして、お施主様のライフスタイルに合うようにリノベーションしました。

一部間仕切壁の撤去、組み立てを行い、キッチン、キッズスペース、廊下、洗面、寝室などの家具を製作しました。

お子さんが遊んでいるところを料理しながらでも見えるようにと、キッチンの位置を変更し、間仕切り壁も撤去。広いリビングダイニングの一部に小上がりの遊び場スペースを設けました。

将来は壁を造ることで小上がり部分を除いたスペースに新たな子ども部屋も想定。今は天井から吊られたチェアがあり子どもたちの格好の遊び場になっています。

壁の一部にはシラス壁を塗り、無垢材で造った家具を置き、極力自然素材に囲まれた空間を目指しました。

リビングダイニングの一角には小上がりになっているキッズスペースを設けました。青いカーペットが空間のアクセントになっています。また、正面の収納棚上部には三角形のニッチ収納を設けました。

小上がりには本を読んだりお絵かきしたりするテーブルも。青いカーペットが白と木の空間に映えます。

ゆとりあるスペースにはハンモックも吊るせます。

小上がりではレールを広く敷くこともできます。

キッチンは、シンプルながらも使いやすい機器や収納で構成され、カップボードとテイストを合わせました。

カップボードの天板は、将来お子さんたちと一緒に料理をするスペースとして広く取っています。

オークの突板で製作したキッチン収納家具。上部の吊戸棚はチェッカーガラスの両引き戸としています。下の吊棚にはカップなど、ティーセットや小物を収納するスペースとして利用します。バックの壁にはタイルを張ってデザイン性と共にお手入れもし易い空間となりました。

キッチン床には濃いダークグレーのタイルを張りました。キッチン本体はフルオーダーで製作しました。キッチンの突板の色味に合わせて背面の収納をコーディネートしています。

製作した家具の仕上げについては統一感を持たせるため近い色合いにしています。洗面室の入口扉は天井までの大きさの引戸に変更しました。

2部屋に分けていた間仕切壁を撤去し広々としたLDKにリノベーションしました。

リビングの一面は左官壁としました。少しコテムラが出るように仕上げています。

LDKはバルコニーに面しているので、暖かな日差しが入ります。

玄関の床はタイルでしたが剥がしてモルタル仕上げとしました。収納家具と下足入れの棚板はラワン材で製作しました。

玄関から一段上がったスペースにはコートクロークを設けました。

ヘッドボード上部の壁は左官塗りとしました。ヘッドボードの掘り込み部分には間接照明を設けています。

壁付けのTVボードはオークの無垢材で製作しています。幅の広い材料を用いて木の質感を感じられる仕上げになっています。

キッズスペースのデスク上部に壁付けの収納スペースを設けました。上部は梁のだっぱりに合わせて奥行きの小さくなったニッチ収納としています。アクセントカラーで壁面を塗装しました。

小上がりの端は掘りごたつ形式で座って絵を描いたりもできます。

この住宅事例を手掛けたリノベーション・リフォーム会社

エキップ

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都

子育て世代の家づくりを特に応援しております。リノベーション、新築とも対応可能です。リノベーション前提の物件探しもお手伝いします。

エキップ

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都

エキップさんの住宅事例

エキップさんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード