戸建リフォーム・リノベーション

猫と茶の間暮らし すくすくリノベーションvol.8

面積:

66㎡

費用:

1800万円

築年数:

53年

エリア:

東京都板橋区

実施時期:

2016年

内容:

再建築不可の築52年の木造戸建てのリノベーションです。

66平米に家族4人と猫2匹で暮らすということで、空間をいかに効率よく活用するかということと、猫を飼い始めてからご主人が猫アレルギーと発覚したことで必要に応じて領域を区切るというのが大きなテーマとなっています。

空間的には日当たりの良い2階の天井を抜いて開放感のあるワンルームのLDKとし、個室と水廻りを1階にまとめました。

1階は2つの個室がありますが、将来的には3室にもできます。現在はお子様もまだ2歳と0歳なので子ども室に4人で寝る予定ですが、将来的に子ども2人で1部屋から1人1部屋へと変遷していく予定です。お子様が独立された後はご夫婦の寝室と客間のような使い方も想定できます。

クローゼットも個別で設けると場所をとるので1箇所にまとめ、スペースのロスが少ないウォークスルー型にしています。洗面脱衣室と空間をまとめることで閉塞感を少なくしています。

2階のLDKはリビング部分を畳の小上がりの茶の間にすることで用途に柔軟性をもたせ、ダイニングの一部としても使えるようにしています。天井を抜いているので圧迫感もなく、窓の位置も高くなることで隣の屋根越しに空へと視線も抜けるようになりました。猫用のスペースとしてリビングの一部を区切れるようにしてあり、一番奥には猫階段も設置しています。

性能面では省エネの補助金を得て通常より断熱性能を高めています。耐震改修も行い、再建築不可だからこそこれからも永く使っていけるよう考慮しています。

階段の下を有効活用してトイレを配置しました。高い位置に明り取りの窓を設け光とプライバシーを確保しています。手洗器の下にはトイレブラシなど仕舞える収納スペースをつくっています。

洗面台の横には洗濯機置場とその上部にはガス乾燥機を設置。すぐ横にはテラスに出るための勝手口を設けているので動線がスッキリしています。

洗面脱衣所とウォークスルークローゼットを一体的に構成することで、小さな空間を最大限利用できるようにしています。ウォークスルークローゼットは空間のロスが少ないので狭い空間で有効です。

茶の間から連続して猫用のスペースを1畳程度設けています。猫用のトイレや食事スペースとして活用しています。床が畳ではメンテナンスが大変なので畳調の長尺シートを張って掃除しやすいようにしています。

2階のLDK入口には杉板を張った扉を設けてお子様が階段から落ちないようにしています。

既存の柱を利用して階段を掛けなおしています。柱は濃いブラウンの塗料で塗装し質感をリメイクしました。

最小限の寝室。お子様が大きくなるまでは収納スペース、客間として使えるように計画しています。奥の棚はお持ちのCDを収納するための棚。

子ども室は将来2部屋に分けることを想定して大きめな空間としています。子ども部屋が必要になるまでは家族4人の寝室として利用していきます。必要に応じてフレキシブルに対応できるように各部屋を計画しています。

LDKの天井を抜き開放的な空間としています。

2階の柱は露出するものはすべて新しい木材に交換しています。お子様がまだ小さいのでキッチンで作業中も目が届くように前面をガラス張りとしています。また、リビング側には猫用のネットを張り必要に応じて領域を区切れるようにしています。

ダイニングテーブルはオリジナルで製作。タモの大きな天板のテーブルが完成しました。

小上りの茶の間からダイニング方向をみる。小上りの段差が緩やかに空間を分けています。

このプロジェクト事例を手掛けたリフォーム・リノベーション会社

エキップ

リフォーム・リノベーション会社 / @東京都

子育て世代の家づくりを特に応援しております。リノベーション、新築とも対応可能です。リノベーション前提の物件探しもお手伝いします。

エキップ

リフォーム・リノベーション会社 / @東京都

この専門家のプロジェクト一覧

この専門家のそのほかのプロジェクト

このプロジェクト事例に関連するキーワード