マンションリノベーション・リフォーム

マンションに仏間⇔茶室  住まいの一角に心落ち着く空間を

マンションに仏間⇔茶室  住まいの一角に心落ち着く空間を (障子を全て開けた状態/リビング側より)

障子を全て開けた状態/リビング側より

マンションに仏間⇔茶室  住まいの一角に心落ち着く空間を (障子を全て閉めた状態/リビング側より)

障子を全て閉めた状態/リビング側より

マンションに仏間⇔茶室  住まいの一角に心落ち着く空間を (茶室を開けた状態/リビング側より)

茶室を開けた状態/リビング側より

マンションに仏間⇔茶室  住まいの一角に心落ち着く空間を (三畳茶室/水屋側より)

三畳茶室/水屋側より

マンションに仏間⇔茶室  住まいの一角に心落ち着く空間を (三畳茶室/リビング側より)

三畳茶室/リビング側より

マンションに仏間⇔茶室  住まいの一角に心落ち着く空間を (三畳茶室/水屋側より)

三畳茶室/水屋側より

マンションに仏間⇔茶室  住まいの一角に心落ち着く空間を (建具開閉1/左側に置き水屋を配置する)

建具開閉1/左側に置き水屋を配置する

マンションに仏間⇔茶室  住まいの一角に心落ち着く空間を (建具開閉2/水屋側に建具を移す)

建具開閉2/水屋側に建具を移す

マンションに仏間⇔茶室  住まいの一角に心落ち着く空間を (建具開閉4/仏壇を開けた状態)

建具開閉4/仏壇を開けた状態

マンションに仏間⇔茶室  住まいの一角に心落ち着く空間を (Before)

Before

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

種別

マンションリノベーション・リフォーム

所在地

神奈川県

費用

設計・施工:350万円

延床面積

10㎡

築年数

3年

間取り

リノベーション前

リノベーション後

依頼者のご要望

一人住まいの奥様が一軒家からマンションに住み替える際に、仏壇を置くのにふさわしい場所がないというところから話が始まりました。リビングに接する洋室を和室にリフォームしました。設計を進める中で、仏間とするだけでなく趣味のお茶も楽しめるような和室とすることになりました。

設計・デザインのポイント

障子で仕切られた和室は、全ての建具を開け放つとリビングと一体となります。和室4畳が建具で1畳と3畳に仕切られるようになっています。これは茶室として使う際に水屋1畳と茶室3畳として機能するようにしているからです。茶室で使う際に仏壇収納は壁と同色の建具で覆われ、かわりに水屋収納からは水屋棚が現れるようになっています。交差する建具の仕掛けが見どころです。

マンションは白を基調に統一感のあるデザインとなっているのが常ですので、すっきりとしたモダンなデザインの和室が合います。ぱっと見はすっきりデザインでも、よく見ると細やかな職人技が見えてくる和室のデザイン。ほんの一角にある心落ち着く空間はリビング全体の質感を高めてくれます。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

堀 紳一朗

堀 紳一朗

長く使い続けていただける、心配りの行き届いた居心地のよい建築空間をご提供したいと考えております。 和モダン、和風建築、茶室にも対応します。

所在地

東京都文京区小日向2-20-7

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

堀 紳一朗さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

堀 紳一朗

建築家 / @東京都