マンションリノベーション・リフォーム

望楼の家 すくすくリノベーションvol.10

望楼の家 すくすくリノベーションvol.10 (子供たちの隠れ家)

子供たちの隠れ家

キッズスペースは遊び場の面積を増やす方法としてはしごで登る吊りベッドを設けました。一般的なマットレスなどは入りませんが、寝袋などを使えば寝ることも出来ます。写真右手の蝶が止まっている部分は壁内に鉄板を仕込んでマグネットが使えるようになっています。 リビングの窓側にはベンチを造り付け、団欒の場所としてだけではなくハンモックへの登り口として使われています。

望楼の家 すくすくリノベーションvol.10 (色と素材感を楽しむダイニングキッチン)

色と素材感を楽しむダイニングキッチン

リビングダイニングの配色計画は特注色のフローリングとテレビボードで落ち着きを出しながら、ブルーグリーンを差し色に使うことで明るさと楽しさが感じられます。

望楼の家 すくすくリノベーションvol.10 (スチールドアのディテール)

スチールドアのディテール

リビングドア廻りのスッキリとした構成

望楼の家 すくすくリノベーションvol.10 (キッズスペースからみたリビング)

キッズスペースからみたリビング

キッズスペースから見たリビングです。写真中央部あたりが将来子ども室へのドアとなっています。

望楼の家 すくすくリノベーションvol.10 (キッズスペースとリビングルームをやわらかく仕切る)

キッズスペースとリビングルームをやわらかく仕切る

キッズスペースのルーバードアを閉めた様子。さらにルーバーを閉めると完全な個室となります。

望楼の家 すくすくリノベーションvol.10 (シンプルなキッチン)

シンプルなキッチン

キッチン前の腰壁はレンガタイルを白く塗装しています。吊戸はリビング側とキッチン側の双方から使えるようになっています。

望楼の家 すくすくリノベーションvol.10 (キッチン廻りのスマート動線)

キッチン廻りのスマート動線

キッチンは元々がコの字型で非常に広かったのですが、冷蔵庫を奥に移動して2列型とし、収納を優先しています。以前はウォークインクローゼットと廊下の両方に出るドアがありましたが、ウォークインクローゼットを家族全員で使えるようにすることで動線を一本化出来ました。

望楼の家 すくすくリノベーションvol.10 (リビングから将来の子ども部屋への隠し扉)

リビングから将来の子ども部屋への隠し扉

リビングから将来子ども室へのドアを開けた様子。リビングとは少々趣の異なる仕上げとなっていて、扉を開いたときに良い意味での違和感を感じられると思います。

望楼の家 すくすくリノベーションvol.10 (色使いが楽しい子供部屋)

色使いが楽しい子供部屋

将来子ども室は少し若々しい青をアクセントに使い、腰壁には杉板を張って白く塗装しています。リゾートっぽい清々しさが感じられます。

望楼の家 すくすくリノベーションvol.10 (ヘッドボードを造り付けた寝室)

ヘッドボードを造り付けた寝室

寝室にはヘッドボードを設けて寝かしつけ用の絵本などが収納できるようになっています。収納スペースを優先して面積は元より減りましたが、それでもダブルベッドを2台置ける程度の広さは確保しています。

望楼の家 すくすくリノベーションvol.10 (合理的に収納を計算した洗面廻り)

合理的に収納を計算した洗面廻り

洗面脱衣室は洗濯機スペースを最新の大型機種も入る程度に広げています。ミラーボックスは非常に細いLED照明を扉の間に縦に仕込むことで三面鏡として使うと顔を隈なく照らすことができます。

望楼の家 すくすくリノベーションvol.10 (趣のあるタイルのトイレ)

趣のあるタイルのトイレ

トイレは洗面脱衣室と意匠を合わせ、同じクロスとタイルを使っています。収納カウンターは既存のものに塗装をして、カウンターは磨きをかけてほぼ新品の状態となっています。

望楼の家 すくすくリノベーションvol.10 (気配りのある玄関収納)

気配りのある玄関収納

玄関収納には鍵など小物を置けるスペースを設けていますが、内部を全て可動棚にしているため電動自転車の充電もできるようになっています。出かける時に充電池の持ち忘れが多いとのことでしたので、鍵の近くに置くことで防止策を講じました。

望楼の家 すくすくリノベーションvol.10 (エントランスからみたダイニングキッチン)

エントランスからみたダイニングキッチン

入口のドアは鉄骨と木製のハイブリッドで、ガラスは雨のしずくをイメージしたデザインガラスを採用しました。

望楼の家 すくすくリノベーションvol.10 (隠し扉となっているテレビボード)

隠し扉となっているテレビボード

テレビボードの全体意匠。テレビは壁掛けで壁内通線としています。テレビ下のガラス取っ手部分はレコーダー等へのリモコンアクセスが可能です。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 施工

用途

自宅

居住者

家族(子供2人以上)

所在地

東京都

延床面積

100㎡

施工面積

100㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム

間取り

3LDK → 3LDK

築年数

14年

完成時期

2017年09月

間取り

リノベーション前

リノベーション後

ご夫婦とお子様4人の大家族のためのマンションリノベーションです。物件は築14年とそれほど古くはないものの、前オーナーがヘビースモーカーだったようで内装から設備まで全て黄色く変色した状態でしたが、大部分を下地から交換して以前の名残は全くなくなりました。

家づくりのきっかけ・施主の要望

プランは、部屋の配置自体はそれほど変えてませんが、収納力アップと現在の使い勝手から将来子ども室を別個に設けたときまでの変遷を考慮した動線となっています。

この事例の見どころや工夫したところ

将来的な子ども室は全てリビングアクセスとなりますが、そうするとリビングがドアだらけで落ち着きのない空間になってしまいます。そこで、2室分のドアはテレビボードと意匠的に一体化した、あたかも家具のような意匠としました。もう一部屋は当面はリビングと一体で使えるキッズスペースとし、ルーバードアで仕切ることで半個室、個室と必要に応じた空間設定が可能となりました。

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けたリノベーション・リフォーム会社

エキップ

エキップ

子育て世代の家づくりを特に応援しております。リノベーション、新築とも対応可能です。リノベーション前提の物件探しもお手伝いします。

所在地

東京都港区白金6-21-10

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

エキップさんのそのほかの住宅事例

壁孔の家

マンションリノベーション・リフォーム

94㎡ / 築47年

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

エキップ

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都