注文住宅

海の絶景を望む別荘

海の絶景を望む別荘 (ダイニングから縁側を経て海に向かう階段テラスへ)

ダイニングから縁側を経て海に向かう階段テラスへ

障子と格子に包まれたダイニング空間の横には、深い庇に護られた縁側があります。そしてその先に海へと続く広大な階段テラスが続いています。縁側とそこに立つ列柱は、日本の古典的な民家にある風景として馴染み深いものですが、ここでは全面開口可能な引き戸を開けたときの、屋内と屋外を隔てる結界として機能しています。

海の絶景を望む別荘 (海に向かう階段テラスのウッドデッキ)

海に向かう階段テラスのウッドデッキ

絶景の海に向かって、地形に沿うようにして階段テラスが下がってゆきます。ここは様々な使い方や時間の過ごし方を許容する空間です。庭と言ってもよいと思いますが、むしろ家の延長、部屋の一部のようなものかもしれません。

海の絶景を望む別荘 (格子に浮いたような透明感のある立ち姿)

格子に浮いたような透明感のある立ち姿

まるで平屋の様にみえるシンプルでシャープな外観ですが、この奥には崖に沿って地下2階建てとなっています。 格子の外壁は障子とセットになっているため、中は見えませんが行灯のように街並みに趣の有る風情を提供しています。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
11

この家がいいと思ったらクリック!

用途

別荘

所在地

神奈川県

費用

設計・施工:1億6000万円

延床面積

260㎡

高低差が10m以上という急斜面に建つ別荘。
視線の先には絶景の水平線が、そして西には富士山を望みます。
外観は出来るだけ大人しく、そしてシンプルな切妻形状の屋根を低く深く庇を張り出し、壁は無くして外周部全てを格子で囲みました。
海側に出ると傾斜にそった階段状のテラスが海に向かって広がっています。

いい家!
11

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

acaa

acaa

家を坪数や部屋数という物差しで計ることは止めた方がいいのではないでしょうか。なぜならば、それは量産住宅にとって設計の手間を省き、建設コストを抑える都合のよいツールであるだけでなく、日本の風土に根ざした住空間の在り方を否定することになるからです。広がりと籠もり感、明るさと陰影が共存する居場所に心地よさを見出してほしいのです。

所在地

神奈川県横浜市中区石川町2-78-10-4F

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

acaaさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

acaa

建築家 / @神奈川県