外観事例:格子に浮いたような透明感のある立ち姿(海の絶景を望む別荘)

格子に浮いたような透明感のある立ち姿

まるで平屋の様にみえるシンプルでシャープな外観ですが、この奥には崖に沿って地下2階建てとなっています。
格子の外壁は障子とセットになっているため、中は見えませんが行灯のように街並みに趣の有る風情を提供しています。

この写真を見ている人におすすめ

那須の山門 (外観)
『月と暮らす庵(イエ)』〜浴室・茶室にこだわった和テイストの住まい〜 (細部にこだわった茶室)
031軽井沢Tさんの家 (外観夕景)
S山荘 (外観3)
坂東邸 (玄関前)
コンクリート構造の住宅設計 (外観(夜間))
Y山荘 (外観6)
寿司店を営む木の家 (和風の洗面)
伊豆の国の家 (外観)

別荘事例

海の絶景を望む別荘

面積:260㎡

費用:1億6000万円

エリア:神奈川県

[事例の概要] 高低差が10m以上という急斜面に建つ別荘。 視線の先には絶景の水平線が、そして西には富士山を望みます。...

続きを読む

同じ住宅事例の写真(全3枚):

  • 海の絶景を望む別荘の写真 ダイニングから縁側を経て海に向かう階段テラスへ
  • 海の絶景を望む別荘の写真 海に向かう階段テラスのウッドデッキ
  • 海の絶景を望む別荘の写真 格子に浮いたような透明感のある立ち姿

acaaさんのそのほかの住宅事例

もっと見る