戸建リノベーション・リフォーム

蓼科高原の家|大開口から八ヶ岳が一望できる週末住宅

蓼科高原の家|大開口から八ヶ岳が一望できる週末住宅 (木の香る週末住宅|木造リノベーションで全面大開口を実現|八ヶ岳を臨む)

木の香る週末住宅|木造リノベーションで全面大開口を実現|八ヶ岳を臨む

大開口の内外を 床板を同じレッドシダーで統一。空間と自然のつながりを感じる事が出来るよう、ウッドデッキの先端を階段状に下げて、手スリが視界を邪魔しない工夫をしています。

蓼科高原の家|大開口から八ヶ岳が一望できる週末住宅 (木の香る週末住宅|木造のリノベーション 構造設計家の協力で大開口実現)

木の香る週末住宅|木造のリノベーション 構造設計家の協力で大開口実現

木造のリノベーションでありながら、大開口を作るため、壁を取り去り上部を軽量鉄骨の梁で補強することで可能となりました。特殊構造のため、構造設計家の協力を得ました。

蓼科高原の家|大開口から八ヶ岳が一望できる週末住宅 (木の香る週末住宅|7mの大開口により 目の前に広がる蓼科の森)

木の香る週末住宅|7mの大開口により 目の前に広がる蓼科の森

大開口で内外のスペースを一体化出来るように、特注レールでフラットとし、内部床板と外部ウッドデッキ材を、同じレッドシダーで統一させました。
木製ガラス戸は全て戸袋に収納でき、ウッドデッキの先端を階段状に下げ、手スリなどの視界の遮りをなくし、開放的にしています。

蓼科高原の家|大開口から八ヶ岳が一望できる週末住宅 (木の香る週末住宅|無垢板の天井と床のラインが奥行きを与え 白壁がアクセント)

木の香る週末住宅|無垢板の天井と床のラインが奥行きを与え 白壁がアクセント

高低差のある敷地のため片流れ屋根にリノベーションしました。それにより空間全体の天井も連続感が生まれ、床と天井の無垢板のぬくもりに、漆喰の白壁でアクセントをつけ、和モダンな空間となりました。木製ガラス扉は、戸袋内に全て引き込み、完全に開放されます。白壁の開口部には、書斎の無垢板机と、四角の天然竹手摺が見えています。正面は、開放的なキッチン空間です。

蓼科高原の家|大開口から八ヶ岳が一望できる週末住宅 (木の香る週末住宅|大開口をエントランス階から見下ろすウッドデッキと蓼科の森)

木の香る週末住宅|大開口をエントランス階から見下ろすウッドデッキと蓼科の森

蓼科高原の家|大開口から八ヶ岳が一望できる週末住宅 (木の香る週末住宅|蓼科の山々を見下ろすウッドデッキと露天風呂)

木の香る週末住宅|蓼科の山々を見下ろすウッドデッキと露天風呂

居間、キッチン、エントランス空間、洗面トイレ、浴室、ウッドテラス、天然石の露天風呂、全ての空間から、蓼科の森、八ヶ岳はじめ日本アルプスの山々を見下ろすことが出来ます。ウッドデッキはレッドシダー材で内外統一し、床面が一体となっています。

蓼科高原の家|大開口から八ヶ岳が一望できる週末住宅 (木の香る週末住宅|天然石の露天風呂)

木の香る週末住宅|天然石の露天風呂

蓼科高原の家|大開口から八ヶ岳が一望できる週末住宅 (木の香る週末住宅|蓼科の森へ繋がるウッドデッキに開いた洗面と浴室)

木の香る週末住宅|蓼科の森へ繋がるウッドデッキに開いた洗面と浴室

木製ガラス引戸により開放された浴室と洗面エリア。外のウッドデッキと床が、特注フラットレールで一体となっています。床、壁は清潔感のある白いタイル使用。

蓼科高原の家|大開口から八ヶ岳が一望できる週末住宅 (木の香る週末住宅|夜景 白い壁と木製玄関扉 書斎机)

木の香る週末住宅|夜景 白い壁と木製玄関扉 書斎机

蓼科高原の家|大開口から八ヶ岳が一望できる週末住宅 (木の香る週末住宅|ウッドデッキより見る大開口とリビング 2)

木の香る週末住宅|ウッドデッキより見る大開口とリビング 2

外部ウッドデッキと繋がる居間空間。漆喰の白塗り壁の開口からは、書斎の机。

蓼科高原の家|大開口から八ヶ岳が一望できる週末住宅 (木の香る週末住宅|ウッドデッキより見る大開口とリビング 1)

木の香る週末住宅|ウッドデッキより見る大開口とリビング 1

外部ウッドデッキと繋がる居間空間。漆喰の白塗り壁の開口からは、書斎の机。

蓼科高原の家|大開口から八ヶ岳が一望できる週末住宅 (木の香る週末住宅|自然木に包まれた外観 傾斜地の基礎部分)

木の香る週末住宅|自然木に包まれた外観 傾斜地の基礎部分

できるだけ自然木を保護しながら、傾斜地であるため、基礎についてはしっかりとしたものを造りました。

蓼科高原の家|大開口から八ヶ岳が一望できる週末住宅 (木の香る週末住宅|エントランス)

木の香る週末住宅|エントランス

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
65

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理

用途

別荘

居住者

夫婦・カップル

所在地

長野県茅野市

敷地面積

1650㎡

敷地の特徴

傾斜地

延床面積

100㎡

施工面積

100㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム

階数

平屋

間取り

3LDK → 1LDK

築年数

15年

期間

設計:6ヶ月 、施工:6ヶ月

完成時期

2004年08月

間取り

リノベーション後

大開口から八ヶ岳が一望できる週末住宅|蓼科高原の家

・八ヶ岳を望む絶景を大開口で楽しむ
この物件が建っていたのは、蓼科高原の別荘地でも最も高い場所で、八ヶ岳を望む絶景のポイントです。
週末住宅をリノベーションするにあた、内外の一体化が大きなテーマとなりました。もとの建物は標準的な築15年のロッジ風の別荘でしたが、ここのロケーションは素晴らしいので「この眺めのためだけにここに別荘を持った」というオーナー夫妻。まずこのダイナミックな風景を取り入れることを考え、八ヶ岳に面した壁をすべて取り払い、7mの大開口をつくることにしました。その大開口をつくるために補強し構造も強化しました。そこに木製の4枚の大きな引き戸を作り、大パノラマを演出して室内からも楽しめるように仕立て直したのです。

・ウッドデッキを拡張して、浮遊感と開放感を味わう
さらに、室内と同じ床つづきのレッドシダーのウッドデッキを設けました。フロアレベルは変えずに、リビングとウッドデッキを連続させてることで、室内にいても眼下に広がる森に浮遊しているような感覚が生まれました。そして、ウッドデッキの先端側を2段下がったレベルにして手すりを設置。室内から手すりが見えないようにする意図もあります。
この風景の美しさを損なうものは何もなくするようにと、そのための工夫です。
そしてもうひとつ、風景を楽しむために、ウッドデッキに露天風呂も設置。
そのおかげで、八ヶ岳を眺めながら湯気に包まれつつも、すべての日常から解放されるような至福の時が過ごせるような、魅力駅な週末の家となりました。

・内と外を曖昧にしながら、心と環境を一体化
室内は仕切っていたすべて壁を取り払い、ワンルームのような間取りに変更。料理をつくっている間、目覚めた瞬間、広間でくつろいでいる時間、ここで過ごす間は常に八ヶ岳の風景を眺めることができるよう、プランを一新させました。洗面室と浴室もウッドデッキ側に位置を移動させることで明るく開放的なスペースへと。
ガラス扉を開け放ち、新鮮な空気感につつまれたリビングでのくつろぎは、もはや内と外の境界さえも曖昧となり、心と環境まで一体化するような開放感に満たされます。

.

家づくりのきっかけ・施主の要望

「蓼科に別荘を購入したんだけど、リノベーションしたいの」と、東京から一本の電話をいただきました。その翌週には大阪で打合せをし、蓼科の現場を見に行く日程が決まりました。到着してまず目にしたのは、標準的な窓から見える八ヶ岳のダイナミックな風景でした。そして、その外の風景をいかに内に取り入れてるのか。。そこから構想が始まりました。

いい家!
65

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

光や風だけでなく... 空気感や気配を感じる家づくり

所在地

大阪府大阪市淀川区西中島1-9-16、新大阪ストロングビル801

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

中庭のある家|水谷嘉信建築設計事務所さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード