二世帯住宅

土間でつながる2世帯住宅

エリア:

神奈川県厚木市

内容:

丹沢の麓、七沢に建つ2 世帯住宅です。
日本女子大学住居学科の小谷部教授のコンセプトを基に設計されました。
親世帯と子世帯の間に天井の高い広い土間があります。
そこは共通の居間であり、近所の人が立ち寄る場でもあります。
それぞれの世帯に玄関はありますが、土間に直接入る入り口もありますし土間から庭に出ることができます。
土間では薪ストーブがおかれ火を眺めてすごすこともできますし、日曜大工から自転車修理までできます。
2 世帯のコミュニケーションの場として考えるだけでなく、単世帯の普通の住宅に土間が復活することを予感しています。

土間から外部への出口が見えます。横の梯子を登ると子世帯のロフトです

座敷と土間とはこういう感じでつながっています

土間の全景が大体わかると思います。
出っ張っているのは親世帯のキッチン。
親世帯の座敷には土間から上がるようになっています

L型に庭を囲むことで、二つの世帯の外部の共有空間が生み出されている

丹沢の麓、七沢に建つ2 世帯住宅です。
日本女子大学住居学科の小谷部教授のコンセプトを基に設計されました。
親世帯と子世帯の間に天井の高い広い土間があります。
そこは共通の居間であり、近所の人が立ち寄る場でもあります。
それぞれの世帯に玄関はありますが、土間に直接入る入り口もありますし土間から庭に出ることができます。
土間では薪ストーブがおかれ火を眺めてすごすこともできますし、日曜大工から自転車修理までできます。
2 世帯のコミュニケーションの場として考えるだけでなく、単世帯の普通の住宅に土間が復活することを予感しています。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

遠藤泰人

建築家 / @東京都

空間スタジオは「やさしい住宅」を設計します。 バリアフリー住宅をカッコ良く作りたいと思っています。 二世帯住宅他、中高年の住まいを得意としています。 良質なデザインの暖かくて涼しい住宅を設計します。 とんがったデザインは卒業しましたのであしからず。 住宅設計は建主との共同作業だと思っています。 また敷地の特性を生かす事も重要です。 その中から最適なデザインが発見できていくと確信しています。

この専門家のそのほかのプロジェクト

このプロジェクト事例に関連するキーワード